IQOS 3 DUO を購入してみた

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 IQOS 3 DUO が発売して日も経つが、IQOS 2.4 をずっと使っていて不便だなと思うところがいくつかあった。
 例えばチャージャーにホルダーを入れて蓋をしてるのに接触不良で充電されておらず、吸おうと思ったら吸えなかった…… なんて事も割とあったり。
 そんなもんで新しい IQOS である IQOS 3 DUO はどんなもんだろうかと気になっていた事と、オンラインショップで 3,000 円割引きキャンペーンをやっていたのでポチっと行っておいた。

注文翌日に到着

 2020/03/15 8:00 頃に注文をして、その時に配達時間だけは指定したがまさか翌日とは思いもよらず。

 早速開封してチャージャーとホルダーを取りだし、付属品のチェック。

 クリーナーに USB Type-C のケーブルと充電器が入っていた。

チャージャーは厚みが増したがコンパクトに

 IQOS 2.4 と重ねてみるとサイズが小さくなったように見えるが、その分若干の厚みが増している。
 しかし、かなり持ちやすくなっているので良い感じに仕上がっている。

ホルダーはドアを開けて取り出す方式

 ここからはチャージャーにシリコンカバーを装着しての写真に。

 チャージャーのドア下部をグッと押すと、上部がニョキッと手前に倒れてスティックが顔を出す。
 マグネットでくっ付いているので、逆さまにしても簡単には落ちてこないのが良い所でもありちょっと面倒いところでもある。
 IQOS 2.4 ではボタンを押してキャップが開き、片手でホルダーを取り出すことが出来たけど IQOS 3 DUO ではマグネット吸着という事も相まって両手でスティックを取り出す機会が多くなるだろうと思う。

IQOS も USB Type-C の時代へ

 IQOS 2.4 までは MicroB、いわゆる MicroUSB 端子だったが、IQOS 3 DUO で遂にというか時代の流れか USB Type-C 端子になった。
 手持ちのスマホ 2 台も共に Type-C である事からケーブルを使い回せるのが凄く良い。あと接続向きね……

高輝度なインジケータ

 チャージャーとホルダーのバッテリー残量を確認する事が出来るようになっていた。
 チャージャー 4 段階 25% 刻み、ホルダーは 2 段階 50% 刻みとなっており、ホルダーは 1 回の満充電で 2 回の喫煙が可能なので 50% でも残っていれば OK という事になる。
 この LED は結構高輝度になっており、目に残光が出る場合もあるのであんまり凝視はしたくないかも知れない。

使い勝手

 特に目立つポイントはホルダーの充電速度がもの凄く速いこと。
 1 回の喫煙だけしてチャージャーにしまうと約 110 秒で充電が完了してしまうのである。IQOS 2.4 は 4 分くらいかかっていたので倍以上の充電速度という事になる。
 IQOS 3 DUO は満充電で 2 回の喫煙が出来るからそこまでの充電速度が必要かと言えば今はまだ分からない部分が多いが、速いに越したことはない。

 次にホルダーの充電方式。
 チャージャーの充電端子部分にはマグネットが仕込まれているので、ホルダーを差し込むとしっかりと吸着して接触、充電してくれる。
 IQOS 2.4 は上から蓋で圧力を加えることにより、端子と密着する方式なので接触不良を起こすことが頻繁に起きていた。
 こう言った接触不良で充電されていない―― なんて事が今後は起きないかもしれないなと期待させられるつくりになっている。

おわりに

 通算 3 台目の IQOS を購入と言うことになったが、流石に最新のモデルだけあって全体的に使い勝手が非常に良い。
 3,000 円引きというお買い得さも相まってか非常に良い買い物だったなと思った。

 チャージャーとホルダーの名称を間違えていたので全て修正した。

・ ホルダー → チャージャー
・ スティック → ホルダー

 とんでもない間違いだった。

スポンサーリンク
Diary
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました