技適マークに関して厳格にしていこうかなと

スポンサーリンク

 以前よりレビューのご依頼を頂いて多種多様な製品を試用してきたが、中には技適マークに言及されている製品もみてきた。騒がれていた製品はその後、無事に技適マークを取得して事なきを得たが、現状であっても未取得のままに販売されているケースを目の当たりにする。
 レビューという物は「その製品を正当に評価して長所や短所を述べ、多くの人に見て貰う為に紹介をしていこう」と言うスタンスではあるが、法律に反するような事ではちょっとそれマズいよねってお話しになる。


 技適マークが無くてもグレーなラインで使っている人も居たりするだろうけど「他所は他所、うちはうち」として、レビューに於いて未取得品を評価して世に広めようって言うのは間違いであるとのあくまで個人的な思想である。
 今まではさほど意識していなかったけど、実はかなり重要なファクターだったので今後のレビューに於いては技適マークのないレビュー依頼は受けないように気を付けていこうと思う。

 技適に関しては総務省のページを参照してみると良い。
http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/index.htm

スポンサーリンク