電力会社を「ENEOSでんき」に変更後、初の請求が来た

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 電力自由化開始前の 2016/03/30 に ENEOSでんき への申込みが完了し、4/27 より無事に切り替わった。それ以来、初の請求が来たのでどの位安くなったのかをみてみたいと思う。

請求内容など

 契約状況は A プラン, 30A, にねんとくとく割。これで電気使用量は 551kWh にて 11,284 円也。
02_eneos_1

うちわけ

 ただし、先行予約の特典「早割キャンペーン」にて初月のみ 2,000 円割引きが適用された状態である。
02_eneos_2

以前との料金比較

 キャンペーン割引き無しで単純に 2,000 円加算して考えると 13,284 円になる。
 では、これがもし今まで通りの東京電力であれば幾らになるのだろうかと次のサイトで試算を行う。

https://www2.kakeibo.tepco.co.jp/ratesim/

 するとこうなった。
02_tepco_compare
 試算なのでまぁ、大体 14,500 円前後であると。

幾ら安くなったのか

 14,500 – 13,284 = 1,216 円 となり、一ヶ月だけで大体これだけ安くなったと言う事に。
 さすがに毎月同じ様な割合で安くなるとも限らないが、初月でいきなりこれだけ安く済んだのは非常に心強い。電力量を使うほどに差が出て安くなると思うので、さほど電力を使わない時期にはどうなるかと言った所だろうか。
 とりわけ我が家は電気を使うので、根本的な電気料金を上手く抑えられて凄く良かったと思った



スポンサーリンク