ママチャリの鍵を BRIDGESTONE 製に交換!

スポンサーリンク

 あちこちいじり回してる愛車のママチャリ。
 ここ最近、鍵の解錠がすんなり行かず差し込む深さを探る感じにして回さないと行けないような状態になってきた。
 割と面倒臭いしこのままだと鍵の方が削れたりして余計悪化するだけかなーと考えて交換することとした。

 ママチャリ自体は 1 万円程度の安ーい物なだけに一箇所だけ BRIDGESTONE 製を混ぜ込むというのもまた面白いかなと思った。
 加えて鍵がディンプルキーなので向きを気にしなくても開錠出来る点が気に入った。

 早速取り付け。

 想像していた物よりもずっとゴツイ見た目になってしまった。

 固定には付属の金具で多少問題はあったけどなんとか力業で押し切った。

 多少の問題とはこれで、荷台を固定する金属部分が邪魔でジャストフィットとはいかなかった。
 よって鍵本体の上部をドライバーの柄でたたき込んで押し込みつつ、とめ付け金具をネジ止めする時の「締まる力」も借りた固定となった。

 これで愛車のママチャリも 1 万円ベースからあれこれ手を加えて更に 1 万円位はお金が掛かった感じになったとおもう。
 安いママチャリに手を加えてどんどん自分好みにしていくのはやはり楽しい感じだ。

スポンサーリンク