後部座席シートベルト着用についてタクシー運転手に聞いてみました

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

9/4 の話しなのですが、帰宅にタクシーを使いました。
そう言えば 6 月から後部座席のシートベルト着用義務が施行されたばかりで、普通乗用車であれば
乗る人は顔を知る人だから難なくベルト付けて~って言える。
しかし、見も知らぬ人が乗るタクシーってどうなんだろう??

疑問に思ったんで聞いてみました。

会話形式で記憶の範囲内をお送りします (笑
ぶっち:「あ~、そう言えば後部座席もシートベルト着用ってなりましたよね~」
運転手:「アッー! そうなんですよ-。でも付けない人が殆どですね」
ぶっち:「それって大丈夫なんですか??」
運転手:「本当はダメなんだけどね、多目に見てくれている『かも』しれないから何もいいませんね」
運転手:「一応乗車時に付けて下さいとはいいますけどね (笑」
ぶっち:「言っても付けてくれない人はどうすんですか~?」
運転手:「最初に一言いってお客さんが付けなければそれはそれで良いって事になってますねー」
運転手:「だけど流石に高速道路と長距離は付けて貰います。高速道路は問答無用で切符着られますから (苦笑」
ぶっち:「まぁ高速なんかで付けてくれないなんていったら事故った時危ないですからね」
運転手:「そうですねー。警察もインターの出口で見張ってますし必ず付けて貰うようにしてますよ」
ぶっち:「んで、例えば運転手さんが酔ったりとかで言うこと聞いてくれそうもない人にシートベルト付けて下さいとか言って」
ぶっち:「難癖つけられて暴行うけたりってなりそうだから厄介な物じゃないですか?」
運転手:「それも怖いんですよホント。東京なんかは乗車ボタン押すと自動音声で着用を促すメーターになってるんですけどねー」
ぶっち:「ほー!! そうなんですかー。それなら一言いって付けてくれないなら付けてくれないで ok てのもいけるし」
ぶっち:「変に付けろと言って口論やらって危ない目に合わず済みますね~」
運転手:「ですね~。でもこの車にはまだそのメーター付いてないんですよ (笑」
ぶっち:「あら (笑」
運転手:「あ、あ、そこの交差点は…」
ぶっち:「直進でお願いします。もう一つ先の交差点を左へお願いします。」
運転手:「左ですねーはい。」
運転手:「その坂は登りますか?」
ぶっち:「はい、登って下さい。」
ぶっち:「あ、そいじゃこのへんで降ろして下さいー」
運転手:「はい、ありがとうございます。890 円になります」
ぶっち:「そいじゃ 1000 円で。」
運転手:「1000 円。お釣りの方 110 円になりまーす。ありがとうございましたー」
ぶっち:「どうも~!」

帰宅。

そんなお話しでした。

スポンサーリンク