WordPress の高速化

スポンサーリンク

WordPress のチューニングであちこち情報集めてたら発見した手法。
プラグインを使用せず、1 つのファイルを追加し、wp-config.php に 1 行追加するだけで
スクリプトをキャッシュしてくれちゃって高速化するという。


もっともこの機能自体は WordPress 2.5 以前には標準装備だった機能らしいが削除されたという
よくわからない経緯のあるオプション。

実際にキャッシュされたファイルを覗いてみたが、eAccelerator とかみたいに PHP の中間コンパイルコードを
キャッシングしてるっぽい。

導入方法 (WordPress 2.7 で動作確認済)
1. File-Based Object Cache Extension をダウンロードする
2. ZIP ファイルなので展開すると object-cache.php というファイルが 1 つでてくる
3. object-cache.php を wp-content/ 以下に置いてやる
4. wp-config.php の一番先頭に define(‘ENABLE_CACHE’,true); と 1 行加えて上げる
* wp-content/ のパーミッションによってはエラーが出るかもしれない。
  その場合は wp-content 以下に cache というディレクトリを作成し、パーミションは 777 とする事。
Example)
[php]SQL に投げているクエリーがずがんと減っている。

Before

ぶっちろぐ All rights reserved.
Powered by WordPress 2.7
43 queries. 1.701 seconds.

 

After

ぶっちろぐ All rights reserved.
Powered by WordPress 2.7
10 queries. 1.159 seconds.

クエリー削減。それも 1/4。
ただ、キャッシュはディスク上に作られるので空き領域には注意かなと。

これはかなり使えます

スポンサーリンク