TwitterTools がダメダメなったんで WP to Twitter に切り替え

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 ここ最近、投稿しても自動で Tweet してくれないので、何事かと思って居たら TwitterTools のアップデートがあった。このアップデートで素性の良く分からない Social という Plugin 抱き合わせになってしまった。
 とりあえず言う事聞いて入れてみた物の、自分の全ツイートを取得しつつ、”PostID” なる引数を付けて裏で httpd に向かってリクエストをなげまくり。そのたびに MySQL へクエリーが飛んでえらいことになっていた。マズイだろこれ。ということで削除。


 代替として使える物が無いか、と調べて出てきた物が WP to Twitter という Plugin。連携には Twitter の Dev で My Application を作成して Consumer Key/secret をコピペする。Access Token の Access Level は初期だと Read only なので、Read と Write 共に出来るようにしないと行けない。

 行った作業内容は以下の通り。

 ・先ずはプラグインのインストール。Web 上でやってもいいし、端末を直接叩いても ok。最近は面倒なので全部 Web 上で完結させている。

 ・インストールが完了したら、そのまま有効化させる。

 ・上部にある “update your settings” をクリックし、Twitter との設定を行う。

 ・Twitter でアプリケーションを作成し、各種 API Keys を取得する必要がある。以下リンクをクリックする。

 ・アプリの詳細を入力していく。”Name” にはブログ名を入れた。Description には説明を。Website はブログの URL を入れた。Callback URL は空欄のままでも大丈夫。

 ・作成したら出る画面では、まず “Settings” に移って “Permission” の設定を忘れずに!!

 ・次のページにアクセスしたら、”Access:” の所を “Read and Write” にしてから下部の “Update this Twitter application’s settings” をクリックする。

 ・”Access level” が “Read and Write” になっていることを確認し、”Create my access token” をクリックし、トークンを作成する。

 ・”Your access token” に作成した物が表示される。ここも “Access level” が “Read and Write” であることを確認する。

 ・ここまで出来たら、WP to Twitter の設定画面に戻り、作成したアプリのトークンをコピペで入力してやる。そして “Twitter と連携” ボタンをクリックで以下のようになる。

 ・最後に動作確認として、WP to Twitter 設定画面最下部にある “機能チェック” をクリックすると、正常に動作するかチェックされる。正常動作で以下の表示がされる。何らかのエラーがある場合、エラー内容に沿って対応する事。

 注意したいポイントは API の Access level。Read のみだと、Twitter への Post が出来ないので、当然エラーが出る。その他、トークンの扱いには気を付けたい。

スポンサーリンク