Xperia Z2 の使用感

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 まだ使い込んで 1 週間経たない位だけど、悪いところが余り目立たずに良いことが多いから特に良いなと思ったところを数点書いておく。主に Galaxy S3 と比較したお話しではあるが・・・・・・
 Galaxy S3 と比較すると、ハードウェアキーが無い分だけ常に 1920x1080 と言う解像度全てを使うことが出来ないのは致し方の無い所って事で慣れていく必要があるのだが。

 先ず便利な機能。

端末がスリープに入った後に解除する方法

 これは放っておくとディスプレイが暗くなる状態を指す。このスリープを解除する際、今までであれば「電源キー」を押すようにしていたが、Xperia Z2 では設定により真っ暗になっている画面を「ダブルタップする事で解除が可能」となる。

「タップして解除」にチェックを入れると有効となる。

「タップして解除」にチェックを入れると有効となる。


 端末を支える手の動きが無くなるので、より安定した持ち方が出来る。

Wi-Fi がちょい早い気がした

 自宅の Wi-Fi 経由で回線速度を計測したみたのがこれ。
0611_wifi_lan
 端末自体のリンク速度は 72Mbps になる。回線自体は 100Mbps のベストエフォートなので時間帯によってはもう少し速度も出てくれるハズ。現状これだけで必要充分。

ハードウェア性能

 Galaxy S3 ではカスタム ROM として CyanogenMod 10.1 を入れて弄った状態で Antutu は 16,500 ポイント前後だったハズ。これが Xperia Z2 では標準の状態でほぼ倍のスコアに。
0611_antutu
 CPU も Quad-Cores なんで、何かを動かして居る裏で他のアプリを動かすことは造作も無い感じにヌルサクである。

カメラ

 これはもう流石としか言いようが無い感じに。あくまで「携帯端末としては」だが。

Xperia Z2 のカメラで撮った室内写真

Xperia Z2 のカメラで撮った室内写真


 さすがに暗いところはノイズぽい感じに。壁紙の模様なんかははっきり見て取れるから、解像度もこのくらいあれば充分だろう。
 スマホで撮る写真は、印刷する訳でも無く PC で見たりする事が主だから、8M 画素でアス比 16:9 で撮るようにしてみた。その方がディスプレイとの親和性が高いかなと言う主観で。

おわりに

 使い心地は非常に良く、大きすぎず程よいサイズだから操作もし易い。このまま大きな不具合無く使用していければ良いな~とありきたりな感想を述べておわりとする。
 また何かあれば記事にしていこう。

スポンサーリンク