WordPress 2.9.2 が来てまた日本語を英表記に直した

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

なんかバージョンアップする度にこれやっていたらきりがない感じもする。
そのうち何かパーサでも作ろうかなと思ってみたり。
また ja.po を編集するっていうアレですよ。


今回は vi で ~/path/to/wp-content/language/ja.po を編集しました。
それでもって別途コンパイルして入れた msgfmt で ja.mo を生成して完了と。
端末とかでコマンドたたけない人は Win である Poedit を使うと幸せ。

まぁ重要なのは「msgctxt」っていう宣言を解釈出来るか否かにある訳で。
うちの CentOS さんに入っていた Ver は NG だった。

$ /usr/bin/msgfmt –version
msgfmt (GNU gettext-tools) 0.14.6
Copyright (C) 1995-1998, 2000-2005 Free Software Foundation, Inc.

で、最新版のソースを持ってきてビルドしたコマンドは対応してるから ok と。

$ /usr/local/bin/msgfmt –version
msgfmt (GNU gettext-tools) 0.17
Copyright (C) 1995-1998, 2000-2007 Free Software Foundation, Inc.

編集方法などは関連記事から読んでみて下さい。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました