Windows10 でソース ESENT のエラーを解決する。

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

 イベントビューアーでログを偶に確認することがあるが、この ESENT がソースのエラーというのがまた良く目に付くので解決させた。

 このソースが ESENT で ID 455 のエラーを見るとログファイルを開こうとしているときにエラーが発生とかいうので、該当するフォルダ C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Local\TileDataLayer\Database を見に行こうとすると存在すらしていなかった。

 よってこのフォルダを作成する。その為には管理者権限で PowerShell なりコマンドプロンプトを起動する。
 そして次のコマンドを 1 つ打ち込めば良い。

mkdir C:\Windows\System32\config\systemprofile\AppData\Local\TileDataLayer\Database

 作成後、エクスプローラで該当するフォルダを開いているとエラーに表示されていたファイルが作成される。
 これにより ESENT をソースとした見慣れたエラーともサヨナラが出来た。

スポンサーリンク
Software
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

  1. ありがとうございます
    自分も毎日何回もこのエラーが続けて出ていてなんだろう?と思ってました
    なければ作っちゃえばいいんですね

    •  コメントどもです!
       Windows ってクリーンインストールした直後からしてエラーを吐く OS なので気に留めるのも疲れるだけなんですけど、解消出来る物なら解消したいと思ってしまうのでなんとも面倒ですね。

  2. 久しぶりにイベントログ開くと、自分もESENTのエラーが発生していました。これが何者かわかりませんが、解決できてよかったです。ありがとうございました!

    •  コメントありがとうございます。
       この種のエラーが吐かれていても動作上の問題は無いように見えるんですが、気にし出すと気持ち悪いのでどうしても何とかしたくなってしまうもので困った物です……

タイトルとURLをコピーしました