ASUS のユーティリティ「Armoury Crate」がまともにアンインストール出来ない件

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 ASUS ROG Strix X570-F Gaming を使用している関係上、AURA の制御を行うために Armoury Crate をインストールしていた。
 しかし、これをインストールしてライティング制御を行ってもメモリを OC するという特定環境下に於いて、CPU の高負荷時に LightingService.exe のプロセスまで釣られて高負荷状態に陥り、制御している LED が点滅するような不具合が起きる。もしかしたらメモリ OC をしていない環境でも起こるかも知れない。

 ライティング制御は一度やってしまえばマザーボードに記憶されているような挙動だったので Armoury Crate はアンインストールしてしまおうと実行に移したことから面倒な事に発展した。

Armoury Crate をアンインストールしても残骸だらけ

 Armoury Crate をアンインストールと一言に言ってもこれ自体が他のソフトをあれこれと結構入れてくれちゃうもんだから Windows10 の「設定」から「アプリ」を開いてアンインストールする項目も多い。
 ザッと目に付く項目をアンインストールしても「All MB」と名の付くアプリだけは何をどうしてもアンインストールすることは出来なかった。
 加えて C:\Program Files\ASUSC:\Program Files (x86)\ASUSC:\ProgramData\ASUS 以下には残骸となるプログラムやランタイムライブラリ、ドライバ類と見受けられるファイルが大量に取り残されている
 だからといって手動でサクッと削除する事は危険なのでやらない。

 ファイルが残っている理由もそれなりに見つかる。
 一部サービスは手動停止後の物だが、次のスクリーンショットの様にサービスまでもが取り残されている上に一部は動作したままだからのようで。

不要なサービスとプログラムを起動しないようにする

 ここから先の処理は自己責任の上でというお約束的な内容になるのでご注意を。

 タスクマネージャ から サービス を開いて サービス管理ツールを開く をクリックする。

 出てきたサービスのウィンドウから頭に ASUS と付く 7 個のサービスを順にダブルクリックして スタートアップの種類無効 にしていく。

 これで PC を再起動してもまだ動いてくるプログラムがあったので、どこから起動しているのかを調べたらタスクスケジューラだった。
 よってスタートメニューを右クリックし、コンピュータの管理を開く。あとは次のスクリーンショットの様にタスクスケジューラライブラリ以下 ASUS を開く。
 4 項目全てを 1 つずつ右クリックしては 無効 にしていく。

 これでやっと目に付く Armoury Crate 関連プログラムの動作を止めることが出来た。

AURA Sync を使いたい場合

 AURA Sync だけを使いたい場合は AURA Sync 単体アプリがあるのでそちらを使うようにしよう。

Aura Sync software, plus wallpaper
Download the latest Aura Sync utility and FAQ, and grab stunning Aura-themed wallpapers.

 こちらの単体アプリを使用した場合、当方環境では AURA 制御なライティングが高負荷時に点滅すると言った現象は起きなかった
 Armoury Crate に内包された AURA Sync の場合は更に他の何かと干渉でもしているのだろうと思われる。

おわりに

 Armoury Crate 固有機能に拘らないなら不用意にインストールすることは止めた方が PC 環境のためだと思う。こう言うソフトは本当に入れるべきではない
 アンインストールしたにも関わらず大半のプログラムが残され、尚かつ動作まで続けるなんていうことは言語道断。環境汚染にしかならない。

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました