[PR] Inateck の新製品 FE2009 が登場

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 F&M 社 Inateck ブランドより新製品である FE2009 が発売された。これは mSATA 規格の SSD をケースに収め、USB 3.0 接続可能な外付けドライブにする製品となる。
 今回、レビュー依頼が来たのだが、残念な事に mSATA デバイスを所持していなかったのでお断りをさせて頂いた。その代わりにと言ってはなんだが、宣伝記事とさせて頂いた。実際に使用はしていないから簡単に製品の紹介に留めておく。

Inateck FE2009 概要

18_fe2009_overview

  • 端子を見ての通りで mSATA に対応する。規格はサイズが 50x30x4mm の M50 mSATA SSD に対応する。
  • 非常にコンパクトなケースでボディはヘアライン加工されたアルミ製。
  • UASP 対応なので USB 3.0 の帯域を存分に引き出すことが可能。
  • ドライブへのアクセスが 10 分間無いままだと自動でスリープをするので省電力である。
    18_fe2009_size

おわりに

 mSATA 規格の SSD が余ってしまっても、この様なケースがあれば基板が剥き出しにならずに安心して使用することが出来ると思われる。ボディがアルミ製である事から、放熱性も期待出来るハズ。

スポンサーリンク