Galaxy S2 に Marshmallow ベースの CM13 を入れて見た

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 CyanogenMod 11 を入れてひとしきり遊んだので、次のステップに進んでみることにした。昔使っていた初代 Galaxy S や S3 の時なら、あまりリスキーな事はしなかったけど今ある S2 はあくまでサブ機だから多少乱雑に扱っても問題は無い。

お約束的な

 カスタム ROM をインストールする事は、キャリアによる端末の保証が受けられなくなるし、作業をミスって一切の動作が不可能になるいわゆる文鎮化のリスクもあるから自己責任の上で作業を行う事。

必要な物

Samsung Kies

 Galaxy S2 を Windows 上で認識させる為のドライバーが必要だから Samsung Kies をインストールする事で一緒に入るドライバーを用いる。

http://www.samsung.com/jp/support/usefulsoftware/KIES/

ODIN

 Windows 上で ROM 焼きする為に必要。今回は試行錯誤しているときに気付いたが、ODIN 1.85 の古い奴だと詳細なエラーメッセージが出ない事もあったから 3.07 を用いた。

[ODIN] Desktop ODIN ver 3.07 for use with Samsung Galaxy S III
ODIN V3.07 for Galaxy SIII Warning: Using ODIN can change your bootloader to show that the system is MODIFIED and may increase your ODIN flash count. Thi…

Open GApps

 GApps は Pico パッケージじゃないと CWM からインストールする時にエラーを吐くから素直に最初パッケージである Pico を用意する。
 作業した時点では open_gapps-arm-6.0-pico-20160211.zip が最新だったので、これを SD カードのルートにコピーしておく。

The Open GApps Project
OpenGApps.org offers information and pre-built packages of The Open GApps Project. The Open GApps Project is an open-source effort to script the automatic gener...

CyanogenMod 13

 今回は docomo SC-02C 専用では無く、海外モデルである i9100 用パッケージを何もせずそのまま焼く事になる。
 cm-13.0-yyyymmdd-NIGHTLY-i9100.zip と言う感じのファイル名であるが、これを SD カードのルートにコピーしておく。
 現在は正式リリースされた物で無く Nightly Build であるため、不具合が色々あるかも知れないことに注意。

http://get.cm/?device=i9100&type=

SuperSU

 SuperSU 不要だった。
 rooted 端末にしたいのであれば事前に Installable ZIP をダウンロードして SD カードにコピーしておく事。
 2016/02/12 現在で最新の “UPDATE-SuperSU-v2.65-20151226141550.zip“ を用いた。

[STABLE][2016.07.05] SuperSU v2.76 [CLOSED]
SuperSU v2.76 SuperSU

 2016/02/12 17:47 追記 – 画面見ると失敗しているようでうまくいかなかった。取り敢えず root 化は後回しでパス。その後少し調べたけど、SuperSU のインストール事例が見つからず出ているエラーも同じ事から今のところは対象のしようがないぽい?

手順

 昨日 CM11 をインストールした時に手順は確立したので、大体同じ様に事を進めることで CM13 をインストールした。
 尚、CM13 導入後のリカバリーは CWM から CyanogenMod Recovery という物に置き換わるから、また何かするなら Stock ROM である OMMP7 を Install するところからやり直す。Android 6 対応の CWM が存在すれば、また上書きすれば良いと思われるが現時点では探していないので詳細は不明。

  • ODIN で OMMP7 の ROM を焼く。
  • ODIN で CWM 6.0.4.5 を焼いて Recovery Mode に入る。
  • CWM から Install ZIP を選んで SD カードから CM13 を Install させる。
    12_install_cm13
  • そのまま CWM から Install ZIP より SD カードから Open GApps 6.0 用 Pico パッケージを Install する。
    12_install_gapps
  • 念のためここでもう一度 FactoryReset と Wipe Cache を行う。
    12_fr
  • root が必要ならここで Install ZIP より SuperSU をインストールする。 ⇒ エラー吐くので無理だった。
    12_install_supersu
  • su のバイナリを弄るか聞かれるが、これをやると CM13 自身で行える root 権取得が出来なくなるので注意。No を選択する。
    12_install_supersu_fix

CM13 導入後

状態確認

 端末モデル名が GT-I9100 になっており、Android バージョンは 6.0.1 でいわゆる Marshmallow である。
Screenshot_20160212-023535
Screenshot_20160212-023525

動作確認

 動作確認をざっと行ったが、SIM を入れずに Wi-Fi 運用だから通話に関しては不明。GPS は正常に動作をしていた。GApps が Pico だっただけに、あとから Chrome やその他 Google 謹製アプリを入れていくのが面倒な位だったか……
 動作に関しては本当にこれ昔の端末なのかなって位にはサクサクと動いてくれるので、サブ機としては非常に優秀である。

rooted にする

 CM13 はどうやら SuperSU を入れようとしてもエラーを吐いて現状はインストール不能な感じだそうで。その代わり CM13 には標準で rooted となるオプションがあったので、それを用いて root による動作が可能であった。
 手順は次の通り

  • 「設定」の「端末情報」より「ビルド番号」の所をタップしまくって「開発者向けオプション」を有効にする。
  • 「設定」の「開発者向けオプション」より「ルートアクセス」をタップし、「アプリと ADB」を選択する。

 たったのこれだけ。root 権限を持つアプリが動いている時、ステータスバーに「#」が現れる。
 さらにタイルからは「ルートアクセス」の ON/OFF が出来るので使い心地は良さそうだ。
13_cm13_root_OnOff

スポンサーリンク

『Galaxy S2 に Marshmallow ベースの CM13 を入れて見た』へのコメント

  1. 名前:RAF@やっぱ好きやねん (@RAFSIMONS_) 投稿日:2016/08/12(金) 03:19:26 ID:8551f38cf 返信

    非常に,参考になりました.
    手順の通りにインストールし,
    現在,CM13にて稼働いたしました.

    • 名前:ぶっち 投稿日:2016/08/12(金) 16:55:24 ID:705446c48 返信

       お役に立てたようで嬉しい限りです。
       一度 CM13 にしてしまえば、バージョンが上がってからも端末上で CM13 の ROM をダウンロードして SD カードに移動しつつ、リカバリーモードから CM13 の ROM をインストールし、Dalvik Cache 等を Wipe するだけで最新に出来ますので、結構楽になります。