KINGTOP EACH G9000 のレビュー

スポンサーリンク

 この度は @GENTLE-STORE より KINGTOP EACH G9000 の提供を頂いたのでレビューをお送りする。

KINGTOP EACH G9000 の概要

パッケージ

 派手で大きなパッケージとなっており、デザインはうちの子供に見せたら目を輝かせるであろう雰囲気を醸し出している。そんな自分も開封時に少しわくわくする懐かしい感じを抱いた。

20160220-DSC_007620160220-DSC_0077

特長

20160220-DSC_0078
 EACH G9000 は CTIA 規格 Φ3.5mm 4 極ステレオミニプラグを持つスマートフォンや PlayStation4 等ではそのまま接続するだけで使用が可能。
 ケーブルはスリーブケーブルとなっているので取り回しは極めて良好である。
20160220-DSC_0082
 一般的な音声出力端子とマイク入力端子を持つパソコンでも付属する変換ケーブルを用いることで問題無く使用することが可能である。PC のみならず PlayStation4 に於いても使用が可能だから、ゲーミング用途としては幅広く扱える。
20160220-DSC_0108
 マイクの ON/OFF やボリューム調整は左のハウジングから接続されているケーブルに接続されたリモコンより操作可能であるから、ボイスチャット中の急な離席に於いても生活音を入れずに済む様になる。自身としても経験があるのだが、マイクを入れ忘れたまま喋ってしまうと何とも言えない気分になるので注意が必要だ。
20160220-DSC_0083

スペック

ドライバー口径40mm
インピーダンス32Ω
音圧感度105dB±3dB (1kHz 時)
再生周波数15Hz~20kHz
マイク寸法6.0 x 5.0 mm
マイク感度-38dB±3dB
インターフェイスCTIA 規格 Φ3.5mm 4 極ステレオミニプラグ
USB Type-A (LED 点灯用電源として)
ケーブル長2.2m
ヘッドセット寸法20.0 x 9.0 x 21.5cm
重量330g

補足

  • 付属する説明書や保証書は全て中国語で記載されている。日本語の説明書は http://delight.mods.jp/manual/g9000.pdf よりダウンロード可能。
  • CTIA 規格 4 極ステレオミニプラグとは、ピンの先端の極から順に「L-ch, R-ch, GND, Mic」の並びで接続する為の規格である。ユーロ圏を除けば、iPhone や Android 等、殆どのスマートフォンは CTIA 規格のヘッドフォン端子を採用しているので問題無く扱える。

使い方

 PlayStation4 やスマートフォンであればそのままプラグを奥までしっかりと差し込む。パソコンであれば付属の変換ケーブルを用い、緑色のプラグをスピーカー若しくはヘッドフォン出力へ接続してピンクのプラグをマイク入力端子へ接続する。
 使用時にはリモコンのマイクが ON になっていることを確認した上で使用する。
 ハウジングの LED を点灯させたい場合には USB Type-A 端子も接続すると電源が供給される。USB 端子はあくまで LED への電源供給のみの為に存在する
20160220-DSC_0101

装着感

 ハウジングの位置調整は接続部分を上下にスライドさせることで調整可能。
20160220-DSC_0085
 イヤーパッドは若干固いと感じたが、装着時に耳たぶがドライバー部分に触れずに済んでいるので耳へのダメージが皆無だから良かった。イヤーパッドの高さは 2cm ほどだった。
20160220-DSC_0105

音質

 Xperia Z2 へ接続し、プリインアプリのミュージックアプリにてジャンルの違う数曲を選んで聴いてみたのだが、どのジャンル、どの曲であってもイコライジングをして音の調整をせずとも心地よく音楽を試聴する事が出来た。
 ただ、音の傾向としては低音に比重を置きすぎている感じも否めず、低音だけ密集してしまうイメージが残った。しかし、製品名に付いている通りゲーミング用途と考えればこういった音の方が適しているのかなと思い納得した。
 マイクに関しては嫁さんのスマホ Xperia Z1f に接続し、自分の Xperia Z2 と通話する形で確認を行った。ノイズや違和感を感じる事も無く極普通に会話できた。マイクの位置が少し離れた印象を持っていて声の入り方に心配を持っていたが、それは杞憂に終わった。

おわりに

 G9000 のボディサイズやデザインからしてゲーミングをイメージさせる製品。スマートフォンで用いるよりも、パソコンや PlayStation4 に接続してボイスチャットをしながらゲームをする方には価格面や性能面でも適していると思われる。
 勿論、ゲームのみならず Skype や TeamSpeaks 等の音声チャットアプリで会話するだけの人にもお勧め出来る。
 少し心配をするのであれば、ヘッドセットを装着して自身も映像に含めた動画配信を行う場合、この G9000 のボディサイズからくる自己主張が強すぎないか否か…… という物が 1 点だけある程度だろうか。

スポンサーリンク

『KINGTOP EACH G9000 のレビュー』へのコメント

  1. 名前:名無しさん 投稿日:2016/02/25(木) 19:57:34 ID:9f55881a5 返信

    Creative SB Inferno ゲーミングヘッドセット PS4 HS-SB-INFは使ったことありますか?
    もしあるのでしたら、EACH G9000とどちらがいいですか。教えて下さい。

    • 名前:ぶっち 投稿日:2016/02/28(日) 19:57:35 ID:7b721fd3d 返信

       Creative 製ヘッドセットは過去に使用したことはございませんので、どちらが優れているかという事は一概に伝えかねます。
       私自身は 1,000~2,000 円程度の廉価な製品しか使ったことが無く、そういった類の物と比較すれば EACH G9000 は格段に良い物だと思いました。スリーブケーブルですので、取り回しがし易い所が気に入っています。