MANATSULIFE レジャーシート / 起毛タイプ 200x200cm のレビュー

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 MANATSULIFE よりレジャーシートのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 200x200cm と大きなサイズであるが、折りたためばシート単体で手持ち可能な仕組みになっている。表面は起毛タイプでフリースの様な肌触りが心地よく、薄手ではあるがクッション素材が入っている為 3mm 程の厚みがあり、圧力が加わると 1mm 程度まで薄くなるタイプである。防水処理もされているから食べこぼしがあっても掃除しやすいだろう。

レジャーシート本体

 外装込みで撮影しようとしていたが、Amazon 特有の梱包であるビニールぐるぐる巻の熱処理でパッケージのビニール同士が付いていたので断念した。
 開封した状態でのサイズは実測で横幅約 48cm, 縦幅約 37cm, 厚さ 12cm となっていた。200x200cm で尚かつ起毛タイプ、内部くクッション素材も入っているので若干大きく感じるかもしれない。
20160423-DSC_0031
 重量は実測 960g。このサイズで 1kg を切っているので軽量であると思う。
20160423-DSC_0037

レジャーシート表面

 表面素材はポリエステル 50%, 綿 50% であるからフリースその物で、手触り感もよく撥水性に優れた素材である。反面、フリースは燃えやすいから火には充分気を付けよう。乾燥する時期には静電気にも気を付けたい。
 表面と裏面の間にはクッション材として厚手のスポンジが入っているので、地面にある砂粒や小さな砂利程度であればその感触を相殺してくれて心地よく座ることが出来る物だと思われる。
20160423-DSC_0035

レジャーシート裏面

 裏面はポリエチレン素材により防水性が高く断熱性にも富むので、裏面からの水分浸透を防いでくれる。その為、こぼした飲み物が裏面から伝って靴下が濡れるといった様な事を防ぐことが出来る。
20160423-DSC_0038

使用感

 現在、我が家では 200x200cm を開ききるスペースが無いし天候も悪いので畳の上に半分程度広げたが、子供が喜んで上に乗って遊んでいたので室内使用でもかなり役立つと分かった。テーブルの上でおやつや飲み物を飲食するように言っても聞かないから、このレジャーシートを敷いてその上で適当に食べさせても良いと思う。
 畳んでしまえばこの通り手持ちで運搬可能だ。
20160423-DSC_0033

おわりに

 シーズン的にはお花見は終わってしまったので、これからの暖かくなる季節に起毛素材は合うかどうか分からないが、クッション素材も相まって硬い座り心地は嫌だという人には非常に良い選択肢になると感じた。


 

スポンサーリンク