エンコード備忘録

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

30 歳過ぎた頃からアニメを見るようになり、最近はエンコまでやり出した。
エンコードの手順が割と固まってきたので備忘録残し。


エンコードには x264 を使う。フィルタや CM カットには Avisynth を使う。
編集作業には AvsPmod を使う。
肝心な録画には PT2。

で、個人的な手順。
1. TS ファイルを DGIndex に読み込ませ、映像と音声を分離。
2. FAW で AAC を擬似的な WAV に変換
3. AvsPmod に ”1” で出来たスクリプトを読んで CM カットとフィルタ入れ
4. “2” の WAV を avs2wav 経由で出力する。CM 分の音声カットという事。
5. FAW で WAV を AAC に戻す。
6. x264 でエンコード
7. MP4box 使って映像と音声をくっつけて MP4 のコンテナで出力。

こんな感じ。
大体の処理はバッチファイルでステップ毎に分ける感じ。
全部一本化してみたけど、わからんのでイイ。

主立った内容となると、”3″ でやるスクリプト編集。
Avisynth のスクリプトということで、Trim コマンドでトリミング。CM カットですな。
局ロゴが右上に出ている場合には除去も出来る。
その他リサイズや 24fps 化なんて感じ。

x264 でエンコードする時、画質にこだわる物でもないし特に見る上で難がないので
細かいオプションは抜き。CRF 21 とかして VBR エンコ。
AthlonII x4 640 で大体 11~15fps でるくらいになる。
これで元の TS ファイルで 3.3GB 位の物が、200~300MB になる。
画質もかなり良いままなのでやらないわけにはいかないだろう。

スポンサーリンク