Xperia XZs で写真を撮ってきた

スポンサーリンク

 普段はあまりあちこちと出かけることをしないタイプだし、近所の写真じゃ面白みもないなーって事であまり写真を撮る機会もなかったが、今日は所用で横浜の黄金町まで行って来たので見慣れない物や解像度が必要そうな場面で写真を撮ってきたりした。

 ここで掲載する写真は Xperia XZs に標準で入っているカメラアプリを用いておまかせプレミアムオートのモードで 1,900 万画素設定にて撮影した物を 1200×900 にリサイズし EXIF から必要そうな情報のみを文字入れして掲載する。
 余計な色や明るさ、コントラスト調整などは一切していない。
 写真はサムネイルになっているので、クリックすると画面の解像度に合わせて拡大表示される。写真の真ん中辺りをクリックで閉じる動作をする。

 先ずはこちら。駅のホームからみた線路。線路脇の石ころやら個々の細かい所までしっかり潰れずに写っていると分かる。

 次はこれ。点字ブロックに貼られていたテプラを立ったままデジタルズームで撮影した物。8 倍と高倍率な割には数字を読み取るにも苦労しない。デジタルズームだけあってブロックノイズとシャープ気味な補正が相まって荒さが目立つがそれでも十分優秀だとおもう。

 点字ブロックから視線を上げた正面のホーム。明暗がありつつ曇天ではあるが、全体的にバランスは良い感じ。これは最近のスマホなら大体こんな物なのかなと思う。
 架線や建物屋上にある策の格子まで視認が出来るからやはり解像度の面では優秀だと思う。

 黄金町に到着後、なんとなく取った総合庁舎。
 縦横に線の多い構図でこれもまた XZs のカメラの解像度が高いと良く分かる一枚になっただけにもっと真っ直ぐホールドして撮れば良かったなと後悔。

 所用も終わってまた黄金町駅に戻る時、橋の上から撮影したきったない色の川。
 やや雲も切れ始めて淡い水色の空が見えてきた所でもある。
 葉っぱの深い緑とハイライトの明るい部分とでメリハリがあって良いかなと感じた。

 最後にうちの近所にある川にいたカモ。
 水面の透明感と川底に敷かれた石、石に付着したコケがそれぞれ非常にクリア。

 以上 6 枚だけ載せてみたが、パッと見るとスマホでこのレベルの写真が撮れるのはほんと凄いかなと思った。べた褒め。
 以前つかっていた Xperia X Performance では細部が潰れてしまうことがあったので、やはりこれからは画素数よりも解像度や明るさやら求めていく方向で進化していくほかないんだろうかなと思う。画素数だけ多くても解像度が悪ければ意味が無いし。
 もうここまでくるとコンデジの領域をズームさえ使わないという条件付きで食い始めてきているのではと感じた。
 メモ代わりと言わず、簡単なスナップショットでも十分に活躍してくれると思う。

スポンサーリンク