WordPress ME 2.2 からのコメントメール弄り

スポンサーリンク

弄りとはいってもでかいことはしてないのですがー
ちと便利なるんでやってみました。

続く。

WP で記事にコメントが付くとメールが来るようにしている人も多いとおもふ。
その中にこんな記述がある

Whois  : http://ws.arin.net/cgi-bin/whois.pl?queryinput=111.222.333.444

これはアメリカのレジストラに対する IP アドレスの問い合わせとなってしまう。
ここは日本。なのでー JPNIC に問い合わせるのが正解。

ということで、この URI を吐く出力部を書き換えただけ。

こんな感じに。
書き換え対象は「/wp-includes/pluggable.php」。

        $notify_message .= sprintf( __('Whois  : http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?type=&key=%s'), $comment->comment_author_IP ) . "\r\n";
        $notify_message .= sprintf( __('Whois  : http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?type=&key=%s'), $comment->comment_author_IP ) . "\r\n";

投げてる引数はクエリー投げるフォームから各エレメントを GET Method で喰わしてます。

スポンサーリンク

『WordPress ME 2.2 からのコメントメール弄り』へのコメント

  1. 名前:error 投稿日:2007/06/26(火) 23:10:27 ID:675bd99e0 返信

    GJ!

  2. 名前:BuCCi 投稿日:2007/06/27(水) 07:46:04 ID:5c248fbd3 返信

    >error トン
    error トンも WP いじっとりますかな?
    管理者画面からコメント表示させたときに出力されている IP アドレスにも
    アンカー張ってあって問い合わせ先が ARIN になっとりまっせ。

    /wp-admin/admin-functions.php
    /wp-admin/edit-comments.php
    /wp-admin/edit.php
    /wp-admin/moderation.php

    この 4Files も同様にして書き換えて上げると幸せなれます。
    やっぱこういうの弄るときは Win より Linux ですわ。
    超らくちんに変更箇所が探せる。
    上のファイルを探し当てるにも

    $ fgrep ‘nic.ad.jp’ ./wp-admin/* | cut -d’:’ -f1

    この 1 行で出てきちゃうからね。