Amazon Photos に写真を全部ぶっ込む

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 先日、Twitter の TL をボケーと眺めていたら Amazon Photos にテラバイトクラスの写真をアップロードしている方のスクリーンショットを見かけた。
 「そう言えば自分も Prime 会員だから写真は無制限にアップロード出来たんだったな……!!」でメインマシンに貯め込んであるデジタル一眼レフカメラの RAW 画像とサブマシンに放り込まれている 2006 年頃からある JPEG 画像を全部ぶっ込んで見る事にした。

アップロードには専用クライアントを使用

 次のヘルプに記載のあるとおりにクライアントをダウンロードして指示通りインストールを行った。
 初回起動時にはデフォルトで「マイピクチャ」以下全てをアップロード元としてくれるのでサクサク進めた。

Amazon.co.jp ヘルプ: Amazon PhotosとAmazon Drive

 ただしアップロードするフォルダ自体の設定は次の様にして「写真のみ」のアップロードに変更しておいた方が良い。

 これをやっておかないと万が一、動画も紛れていたらアップロードされてしまう。
 写真以外は容量の制限を喰らうので無駄に圧迫しないようにするか、大容量なプランを別料金で契約しておく必要がある。

RAW 画像全部ぶっ込む

 マイピクチャ以下に RAW 画像を貯め込んでいるので、これをまとめてアップロードする。
 初期設定でマイピクチャ以下は指定されていたので、上述の通りに動画は含めないようにして写真のみを全てアップロードさせた。

 容量としては 16,000 近いファイル数で大体 310GB。

サブマシンの JPEG 画像を全部ぶっ込む

 メインマシンと同様にサブマシンにも Amazon Photos のクライアントをインストールして初期設定も済ませた。
 マイピクチャ以下に JPEG 画像をまとめてあるので写真のみをアップロードするよう設定変更した以外は特に弄らず。

 こちらは 32,000 近いファイル数で大体 73GB。

アップロードに掛かった時間

 メインマシンは 09:00~23:00 頃まで裏でアップロードさせながら PC を動かしていたが 1 日では終わらず、二日目にして完了した。多分 20 時間位掛かったかなと。
 サブマシンは JPEG 画像主体というだけあって回線速度を出し切れない状態が殆どだった為、容量に対して掛かった時間が思いのほか長く丸々 1 日かかった。
 容量が容量なだけに ISP の転送量制限が掛かるか気になったけど、全く制限も掛からず安定した速度でアップロードし続けていた。

最終的に消費した容量

 Amazon Photos にアップロードした総容量は 396GB となった。

おわりに

 マシンが 2 台同時に破壊されでもしない限り手持ちの写真が消失することもないだろうけど、万が一に備えて全ての写真をバックアップしておく事にこしたことはない。
 なんせ筆者とその家族の全てが詰まっているので、データがクラッシュしたらなんて考えるだけでゾッとする。

 容量がかなり多いので「無料で――」というのは非常に難しいものだったが、Amazon Prime 会員特典として Amazon Photos の写真容量が無制限である事がめちゃくちゃ助かった。

 古い PC 関連の写真とか探してみると 2006/02 にパーツの箱やら当時使っていたのか分からないフロッピーディスクが写り込んでいる物があったりした。
 こうした物をたまーに見返してみるのもまた面白かったり。

 どんなくだらなくさりげない写真であっても古い物は消さずいつまでも残して起きたいものである。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました