結局一家揃ってコロナ陽性に

Diary
この記事は約2分で読めます。

はじめに

 2022/12/19 に次男がコロナ陽性と診断された後、長男にも感染。続いて筆者自身と妻も陽性が出てしまった。

子供から始まるコロナは感染防止策がとりづらい

 10 歳の次男は早々に回復した物の、しっかりマスクさせて部屋から出ないようにと言っても全然だめで、鼻歌歌いながらご機嫌にあちこち歩き回る。
 高校生の長男も言えば分かるかななんて思ってたのが間違いで、解熱後はノーマスクであちこちで咳き込んでたりと、何度叱っても「わすれたわ」とか帰ってくる始末。

 そんなこんなで筆者は 22 日の夕方から発熱開始で翌日には一旦 37.0 度を切ったが再び 37.5 度辺りを維持している状態。微熱に痰の絡んだ咳、軽い頭痛、咽頭痛があるというステータス。
 妻は 4 回目までワクチンをうったせいなのか、発熱は無しで咽頭痛が相当辛い様だ。

 とは言え、子供が感染したらその看病で親も感染するのはどうしようもないのかなとも思うが。

検査キットは厚労省認可のキットで

 Amazon で売ってるような研究用とされている検査キットは 3 回分のパッケージを 3 つの合計 9 個使用したけど、全てが陰性と出たので正直信用出来ないというか買うべきでは無いかなと思った。
 第一類医薬品のキットを使ったら一発陽性だった。

研究用では検出出来なかったの図
研究用では検出出来なかったの図

 以下リンクに示されている第一類医薬品の検査キットを使った方がそのまま陽性者登録にも使えるので良いハズ。

新型コロナウイルス感染症の一般用抗原検査キット(OTC)の承認情報

 尚、第一類医薬品の検査キット取り扱い数は Yahoo! ショッピングと楽天市場の方が多いので、そちらで探した方が良いだろう。

第一類医薬品 コロナ検査キット

おわりに

 オミクロン株のコロナで出る症状は個人的に風邪以上インフル未満な体感だが、感染してしまうと一家揃って身動きが取れなくなる。
 食料調達にも普段の買いものよりコストが掛かるようになってしまうから経済的なダメージもある。
 回復後も感染防止対策を怠らずに生活していこうと思う。

Advertisements
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.