モコさんと最後の別れ。

この記事は約1分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

朝一から動き回って動物病院に連絡。
当時の症状を伝えたらやはり寿命だとの事。
「ウサも体悪いのに長い事頑張りましたね」「きっと幸せだったんだよ」ってまた涙目。(こぼしはしない

そして最後の別れ。

動物病院からの紹介で「ペットセレモニーホール」というペット専門の葬儀屋さんに連絡を入れた。

15:00 過ぎに自宅まで葬儀屋さんがモコさんを引き取りに来ました。
書類を書いて料金払って領収書貰って…

モコさんの好きだったおやつとかいろいろ入れて上げて見送りました。
また涙目 (こぼしはしない

お金さえあれば「個別火葬」の「返骨」にしたかったんだけど、給料日明後日の上もうなんともならないから
可愛そうだけど「合同火葬」の「供養塔埋葬」にしました。(世の中金だと思う一瞬…。

近い内にモコさんの眠る所まで行こうと思う。来年も再来年も命日である 3/2 には…。

後に残ったモコさんのお家 (ケージ) と未開封のエサを見る度にまた思い出してしまう。
暫くはペット飼わないかな。時が来たらまたモコと同じくウサギを飼うと思う。

スポンサーリンク
Diary
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました