OpenSSL でやっとこさ作成した独自認証局とサーバー証明書

この記事は約1分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

このサーバーはいままで全て “http” プロトコルのみでの通信を提供していたんだけど、
かなーりめんどくさい OpenSSL をつかった “https” での暗号化通信に対応させました。
全てのサブドメインに付けるのではなくて、1 つの https 専用サブドメインを作成し、
このサーバーを利用いただいているユーザーのパスワードやらなんやら変更するときに
使用するソフト設置時に使う予定。まぁこのソフトってのは Usermin だったりするんだけど。
Webmin でサーバー管理が楽になるとかなんたら良く目にするけど、このへんはこだわりで
全部 CUI によるオペでやるつもりなのでパス。
後考えられる用途は Webmail とかくらいかな。
もちっと勉強すれば MTA で START TLS とかにも応用が利くのでやっておいて
よかったかなと。

ということで、やっと Web サーバー構築時につけたオプションが生きてきた。
Apache + OpenSSL + PHP + MySQL + Perl が今の Web サーバー稼働構成かな。

スポンサーリンク
Linux/UNIX
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました