TOKYO MX のマルチキャスト化に伴う TS ファイルの分割処理

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 昨晩、いつも通りに録画した TS ファイルを自作のバッチファイルに突っ込んで適当エンコをさせてみたが、内容を確認すると全く知らない番組が流れていた。よく調べてみると、2014/04 より TOKYO MX の放送はマルチキャストとなった様だ。これは 1 つのストリームに複数チャンネル乗っかってくる物。よって録画された TS ファイルには見たい物とは別に、SD 画質の放送データも混ざっている事になる。これを Handbrake に突っ込んでも最初に認識される SD 画質のデータしかエンコードしてくれない様だ。
 ではこれをどうするかなと考えれば、先ず浮かんだのが TSSplitter と言う物。TS ファイルから任意のストリームだけ分離する事が可能なので、試してみた。


 TSSplitter 自体はそのままググると見つかるハズ。
 設定に関しては、引数を与えずに分離してみたり色々やってみた結果、一番簡潔だった物は次の通りになった。

TsSplitter.exe -SD -1SEG -CS23608 -out "D:\temp" "入力ファイル名"

 CS 放送なんかはマルチキャストで放送されている様なので、それと同じ事が出来たみたい。TOKYO MX の放送では 23608 で HD 画質、23609 で SD 画質の放送をしているようなので、明示的に 23608 を指定しつつ、ワンセグと SD 画質の除去を行うだけであった。
 出力されるファイル名は「ファイル名_CS1(23608).ts」となるので、処理後にリネームした方が良いだろう。

 この辺を調べるにあたり、TSReader Lite というソフトを用いた。ググって調べていた先で知った良いソフト。

Program Number 23608 が求めるデータと分かる。

Program Number 23608 が求めるデータと分かる。

 今までなら TS ファイルを直接 Handbrake にぶん投げても問題は無かったが、マルチキャスト化に伴い 1 つ処理が増えて面倒になった。暫くは MX の TS ファイルは TSSplitter を必ず通すことで対処しようと思う。他にもっと良い方法があればそれで良いが・・・・・・

2014/04/07 16:11 追記 ***
 ふと録画させているソフトである RecTest の設定で「現在のサービスのみ保存する」にチェックを入れて録画するだけで良いのではと思ってみた。
0407_mx_rectest
 これで TOKYO MX の放送を適当に録画した所、無事に HD 放送の部分だけを TS ファイルに残すことが出来た。
 この記事自体は、既に録画してしまったファイルへの対処法として残しておくこととする。

スポンサーリンク

『TOKYO MX のマルチキャスト化に伴う TS ファイルの分割処理』へのコメント

  1. 名前:momo 投稿日:2014/10/20(月) 19:19:12 ID:43d8ba570 返信

    これ困ってたんですよね。
    神な情報ありがとうございます。