記事読了参考時間 1

EpgDataCap_Bon (EDCB) xtne6f 版のビルドメモ

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 昨年あたりから手探りで触り始めてビルド出来る様になったんで端的にメモっておく。
 使用するのは VisualStudio Community 2013。これがフリーで使えるとか良い時代だなと。


 最低限必要な物もあるんで、そこはソースにある Document 以下 HowToBuild.txt を読んでおく。

 先ず、Document/EDCB_VCALL.sln を開いて 右ペインの「ソリューションエクスプローラー」の Write_AVIVO を右クリして
 プロパティーを開き、「構成プロパティ – 全般 – プラットフォームツールセット」を「Visual Studio 2013 (v120)」にする。
1230_edcb_avivo_change
 ソリューション構成を「Release」に変更してプラットフォームは「Win32」に修正。
1230_vc2013_change_to_release
 あとは Baseclasses とか必要なことをやっておけば一気にこのソリューションファイルのビルドが出来る。

 次に EpgTimer/EpgTimer.sln を開いて EpgTimer のプロパティーより
「アプリケーション」をクリック。「対象のフレームワーク」を「.NET Framework 4.5.2」にしてビルド。
1230_epgtimer_change_framework2

 現状、これでビルドできており TVRock からの移行も完了済。

スポンサーリンク
Software
著者プロフィール

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました