Windows10 アップデートでホームグループが狂った話し

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 我が家ではファイルの共有に「ホームグループ」を使用している。初期設定も共有設定も簡単に行えるから重宝している。
 しかし、昨日の Windows10 Build 10586 へのアップデートを行った後にホームグループが表示出来ず「今すぐ参加」なんて表示が出るばかりになっていたのである。それだけならまだいいのだが、サブマシン上でもホームグループにアクセスしようとすると「今すぐ参加」とかぬかす。
 メインとサブマシンのそれぞれが今すぐ参加するなんてどこに参加するんだ! とか、全てのマシンで参加を止めればホームグループは消滅するのにそれも出来ない。どうもならないと思って居たけどなんとか解決させたお話しになる。


 ホームグループにアクセスしようとすると次の内容がメインとサブマシンに表示された。
1117_homegroup_connect
 実際に今すぐ参加をクリックして進めてもパスワードを入力しろなんて言われるからどうしようもない。挙げ句、ホームグループが作られているのでパスワードを発行して貰うよう促されるが、作成者/作成マシンは今現在操作しているマシンだというのだからお手上げに。

 ではどうしようかと考えていたら、ふと「一旦バックアップからアップデート前に戻してホームグループ参加を止めればいい?」と思い立った。Todo Backup でまるっと最新のバックアップを取った後、Build 10586 アップデート直前のバックアップイメージでリストアして Windows10 にログイン。ホームグループへの参加を取りやめてみた。
 すると、サブマシン側のホームグループ表示が切り替わった。
1117_homegroup_make
 これで「ホームグループの作成」が可能になるから 2 台とも今すぐ参加と言われて手詰まりにならずに済む。サクサクっとサブマシン側でホームグループを作成してしまう。
 メインマシンは再び Todo Backup で先程とったバックアップイメージで最新の状態にリストア。

 再起動後に Windows10 へログインしたあと、改めてホームグループに「今すぐ参加」でサブマシンから発行したパスワードを以て参加する事が可能となった。

Todo Backup の WinPE Boot USB メモリで正常に完了した

Todo Backup の WinPE Boot USB メモリで正常に完了した


 もっと直接的に OS 上だけで解決する方法もありそうな雰囲気がするんだけど、これ以上調べる時間を割く位ならこう言った強引な手法も良いのかなと思う。
 なにより、これから Windows10 でメジャーアップデートをするときには「ホームグループへの参加は一旦やめておく」事が良いのかもしれない。
 情報収集中に Win8.1 から Win10 へのアップデートでも同様の現象が起きている人を見つけたが、未解決のままで以降の情報がなかった。念のため Win10 以外からのアップデートでも同様にホームグループからの参加は止めた上でアップデートした方がいいのかな。
 それと必ずバックアップを取った上でやらないと後戻り出来なくなると思うので気を付けよう。

スポンサーリンク