suaoki S9 / レーザー距離計のレビュー

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 BuyUwish より suaoki S9 レーザー距離計のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 suaoki S9 はレーザーを照射する事で対象物までの距離を正確に計測する事が出来る距離計となる。定規や巻き尺では苦労するような場面に於いても、本機を正しく用いてボタンを押すだけという手軽さで正確な測定が出来るから凄い。

suaoki S9 の概要

パッケージ

20160331-DSC_0004

内容物

 本体の他、付属品としてキャリングケース、ストラップ、単四アルカリ電池 x2、マイナスドライバー、取扱説明書が付属する。品質チェック済みであるという紙も入っているから動作に関しては安心出来るだろう。
20160331-DSC_0007

本体

 正面左上には計測可能距離である 100M との記載。ボタン類は多すぎず少なすぎずである。
20160331-DSC_0014
 背面。バッテリーへのアクセスは防水対応という事もあり、マイナスドライバーでネジを外す必要がある。左下にはストラップホールがあるので、付属のストラップはここに通しておくと良いだろう。
20160331-DSC_0013
 115 x 52 x 32.5mm というコンパクトさ。一昔前にあったガラケーのような雰囲気を持っていると感じた。
20160331-DSC_0009
 上部にはレーザー照射口がある。使用中に直視しないように注意しよう。
20160331-DSC_0011
 底面には水準器が 2 つ付いている。垂直、水平どちらも正確に取れるように配慮されている。
20160331-DSC_0012

suaoki S9 のスペック

  • 測定可能距離 : 100m
  • 測定精度 : ±1.5mm
  • レーザークラス : Class 2M, 635nm, 1mW 以下
  • 電源 : 単四電池 2 本 (最大 5,000 回測定可能)
  • 防水保護等級 : IP54
  • 動作温度 : 0~40℃
  • 保管温度 : -10~60℃
  • サイズ : 115 x 52 x 32.5mm
  • 重量 : 123g

距離を計測する

 先ず距離を計測するには本機のどこを基準に計測するかの設定を知っておく必要がある。デフォルトだと本体の底面からの距離を計測するモードになっている。
 これを切り替えるにはMEAS ボタン左下のボタンを押して設定を行う。押す毎に本体底面、本体上部、本体底面のエンドピースの 3 つが切り替わる。一度電源をきるとデフォルトの本体底面からと戻る。
 今回はデフォルトの本体底面を基準にして計測を行ってみた。
 先ずは超近距離となる 20cm を巻き尺を参考に設置して計測を行った。結果は 0.201m との表示だったのでほぼ正確にでた。
20160331-DSC_0019
 次に 1m で計測した。ぴったり 1m で置いたつもりだったが、計測後の写真を見たらちょっとずれていたので計測結果とぴったり一致した状態だった。素晴らしい。
20160331-DSC_0020
 計測の様子はこの様な感じに行った。
20160331-DSC_0021

使用後

 折角キャリングケースが付属しているので、ストラップも取り付けて収納しておいた。手軽に持ち歩けるようになるのでケース付属は非常にありがたいだろう。
20160331-DSC_0023

その他計測方法

 取説に日本語でも記載があるので、使用上の問題は無いと思われる。
 自室の面積を取り敢えず計測したりしてみたが、六畳間で 2 辺を計測するだけですぐさま 8.796㎡ と算出されたりと便利な使い方も出来た。
 他にも物の高さを計測するモードもあったり、対象物が動いていても連続的に距離を計測し、最小/最大距離を記録してくれるモードもあったりと多種多様だ。

おわりに

 こう言った計測器機は大好きなのであちこち距離を計測するだけでも、今まで特に知らなかった物を知ることが出来たり、いちいち巻き尺を伸ばして苦労してビチっと計測する必要もなくなったので非常に役立つレーザー距離計だと思った。
 今後もことある毎に持ち出して役立てようと思う。

スポンサーリンク