Wonder Youth 民族柄デイパックのレビュー

スポンサーリンク

 Yoofor JAPAN より民族柄のデイパックをご提供頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は柄のみに特徴があるわけでなく、スタンダードなデイパックとしての背負い方以外にもボディバッグの様にたすき掛けしたりショルダーバッグになったりと様々な持ち方が出来る。気分次第で持ち方を変えられるのが非常に良く出来ているデイパックである。

概要

 本体サイズは縦 x 横 x マチ = 35 x 32 x 13cm と小ぶりなサイズで、民族衣装のような柄である。素材はコットンが主で、金具を止める部分にはレザーが用いられている。
20160429-DSC_0002-2
 ハーネスはコットンのベルトとなっており、本体とは金具で留められている。
20160429-DSC_0003
 外側のポケットにはマグネット式の留め具が付いている。しっかり留めておけば、背後から勝手にファスナーを開けられるような事があっても気付くので安心だろうと思う。
20160429-DSC_0007
20160429-DSC_0008

内部

 メインとなる上部のファスナーを開くと大小からなるポケットと、ファスナー付きのポケットの 3 つが見える。内部にはウレタン素材のような緩衝材は入っていないので、ノート PC などの電子機器が入るサイズはあるけど多少の注意は必要だと思われる。
20160429-DSC_0006

ハーネス接続部

 上部ハーネス接続部分を見ると、レザーを縫い込みつつもビス留めされているので強固である。耐久性も問題無いだろう。
20160429-DSC_0009
 底部ハーネス接続部分も同様の加工が成されており、耐久性に関する不安は一切感じられない。
20160429-DSC_0010

試着の図

 今回、3 タイプの使い方を試してみた。参考として適応身長は 140~180cm の所、筆者身長 179cm の試着となる。

スタンダードなデイパックスタイル

20160429-DSC_0012

デイパックスタイルのハーネス平行タイプ

20160429-DSC_0018

ボディバッグスタイル

 このスタイルが筆者としてはお気に入りの感触となった。
20160429-DSC_0023
 肩及び脇腹あたりに金具が食い込んで気になる場合、ベルトの長さを適当に調整すると良いだろう。
20160429-DSC_0025

おわりに

 民族柄のデザインもなかなかに良い感じである。その上、気分や好み次第で持ち方を変える事の出来る仕組みのおかげで飽きの来ないデイパックであると感じた。

スポンサーリンク