[PR Review] Mpow Armor Plus / 5,200mAh Li-ion バッテリー内蔵 Bluetooth 4.0 対応 スピーカー

この記事は約3分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 Mpow より Armor Plus Bluetooth 4.0 対応ワイヤレススピーカーのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は Bluetooth によるワイヤレススピーカーであるにも関わらず、5,200mAh の容量を持つ Li-ion バッテリー内蔵しているからスマートフォンの充電を行うことも出来るスピーカーである。重量が実測 1,001g と重量感の主張も強いので安定した鳴りを実現している事も特長である。


技適確認済 204-620074

パッケージ

20160508-DSC_0002-2

パッケージ内容

 持ち歩きを意識した付属品が同梱されていた。紐はボディ側面にあるストラップホールを通して結ぶ感じにし、ポーチに入れる感じとなるだろう。
20160508-DSC_0005-2
 冒頭にも書いた通りに実測で 1,001g と重量感のある重さと、それに見合った外見である。
20160509-DSC_0019

ボディ外観

 正面から見た図。どっしりとゴツイ外見でフレームは金属製且つ IPX5 防水等級を持つ。
20160508-DSC_0007-2
 操作する為のスイッチは全て TOP に集約されている。
20160508-DSC_0009-2
 インターフェイスはサイドに纏められ、防水機能を確保する為にゴム製キャップでキツく蓋をされている。この蓋を開放している時には防水機能が無い状態となるので要注意である。
 USB Type-A ポートは本製品に内蔵されている 5,200mAh Li-ion バッテリーによるスマートフォンといったデバイスの充電を行うことも可能とする。
 MicroUSB 端子は本製品を充電する為の物で、LINE IN は有線でデバイスと接続する時に使える。
20160508-DSC_0013-2

使い方

充電を行う

 先ずは本製品を満充電しておくと良いだろう。最大 22 時間の連続使用が可能である。寝る暇もない。
20160508-DSC_0017-2

ペアリングを行う

 初回の電源 ON 時には自動的にペアリングモードになる。音声ガイダンスも流れるので分かりやすいが、このガイダンスの音量がちょっと大きい。
 ペアリング時、本製品はスマートフォンから ARMOR PLUS というデバイス名で認識される。

音質チェック

 Bluetooth の機能を提供する CSR8645 を採用した製品ではあるが、何故か AptX Codec が有効となるメッセージが出ないので無効化でもされているのだろうかと感じる。故に 22 時間連続稼働が出来るのかなとも思うがさておき。
 ボディ TOP にはスタンダードと低音強調の 2 種類のイコライザを切り替えるボタンがある。
 低音強調モードで使用すると、低音に高い音圧の出力がある時にラウドネス等化されたような感じで音圧を下げられてしまうように聞こえたので使用はやめておいた。スタンダードでフラットに近い方が好みだし、それでも充分に低音をドライブしてくれるから何ら問題は無い。
 全体的に聞いて見ると割とクリアな音で音像がしっかり定位しており、中高域のヌケも良い。低音に関しても前述の通りスタンダードなイコライザーモードでも充分にドライブしてくれるし、本体の重量感も相まって非常に安定した締まりのある低音に聞くことが出来る。
 スマートフォンのアプリでイコライジングなどしないフラットな出力であっても心地よく聞くことの出来るスピーカーは久しぶりである。

おわりに

 見た目の質感と手触りの感触も良く、音質も問題は無いと感じる逸品となる。Bluetooth によるワイヤレススピーカーとして 1 万円以下クラスなら今のところ本製品が最も高音質であると思った。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました