[PR Review] JolyJoy 超高輝度 LED ライト / CREE 社 XM-L2 T6 採用

スポンサーリンク

 この度、JolyJoy より超高輝度 LED ライトのご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は LED 素子に CREE 社 XM-L2 T6 を採用し、電源には 3.7V 2,600mAh の容量を持つ 18650 バッテリーを同梱している。一般的な乾電池式よりも電圧が高いので明るさが得られ、容量も多いから長時間の点灯を可能としている。ヘッド部分を伸ばすことでスポット的に光を照射する事も可能な製品である。

パッケージと同梱内容


 同梱品として LED ライト本体と共に、バッテリーとして 18650 と充電用ケーブルも付属する。単三電池や単四電池を複数本使用した製品もあったりするが、18650 を 1 本としたほうが断然扱いやすいので好印象である。
 マニュアルは日本語の記載もあるが、製品の図解が本製品の物と異なっていた連続使用可能時間の記載が無い等、若干の不備があると感じた。
20160823-DSC_0059

製品外観

使い方

 先ずは 18650 をセットする。グリップエンドを回してプラスから入れる。
20160823-DSC_0065
 次にバッテリーの充電を行うので付属の MicroUSB ケーブルでもいいし、普段スマートフォンを充電しているときに用いるケーブルを使い回しても良い。ゴムキャップを外して出てくる端子に接続しよう。尚、筆者の個体だけかは分からないが端子がちょっとズレていて繋ぎづらかったので位置合わせの改善なりして欲しいと思った。
20160823-DSC_0062
 充電が完了したら本体にある白い半透明のボタンを押すと電源が入り、長押しすると点灯モードにかかわらず電源を切ることが出来る点に新鮮さを感じた。電源 ON からスイッチを 1 回押す毎に明るさが強から中、弱、点滅、SOS 点灯と順に切り替わる。

使用感


 先端を伸ばしたり縮めたりすることで、取り付けられたレンズの効果で広角とスポットの調整が可能となる。用途に応じて使い分けよう。
 本製品の光の量は最大 1,600 ルーメンと半端無い明るさなので絶対に直視するのはやめましょう。
 参考までにスマートフォンアプリで照度計を起動して 1m の距離から広角で照射した際の明るさを計測した。サンプルとして CREE 社 XM-L T6 を採用した LED ライトの照度も計測した。
 尚、製品使用では光の量としてルーメン [lm] を用いるが、実測には照度としてルクス [lux] を用いているので単位の違いがある。

 本製品 (XM-L2) 強 : 1,850lux, 中 : 1,060lux, 弱 : 560lux
 他社製品 (XM-L) 強 : 580lux, 中 : 440lux, 弱 : 360lux

 この様に本製品は最大 1,600lm という仕様通り非常に明るい。その分、強点灯したところに手のひらを被せると LED 素子の発熱を感じることが出来るくらいだ。
 明るさ毎の連続使用可能時間はマニュアルの何処にも書いていないので不明。

おわりに

 先ず言えることは強点灯は本当にもの凄く明るいので直視や人に向けて当てる物では無いと言う事。LED ライトはどの製品でも同じ事が言えるのだが本製品は特に気を付けたい。それだけ明るいと言う事だ。
 とにかく明るい LED ライトが欲しい方は満足出来るであろう製品だ。

スポンサーリンク