痔と腰痛対策としてちょっとよさげなクッションを購入

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 昨年 12 月末あたりからケツの調子が悪く出血があり、病院へ行ったらいぼ痔 (内痔核) と言われてしまった。
 加えて一日の大半を椅子の上で過ごすライフワークである為、当然のように腰痛持ち
 これじゃちょっとケツにも腰にもなんらかの対策が必要だとのことで、間に合わせで安いドーナツクッションを購入するも、しっくりこなかったもんだから Amazon で見つけたちょっとよさげなクッションを購入するに至った。

jupiter 低反発クッション

 購入したクッションはこれ。だいぶガタが来ている椅子の座面に乗せて使用する事に。
 この製品は腰痛対策も謳っており、お尻から太腿にかけてフィットしやすい形状をとりつつもお尻の所に穴が空いている。

 中身はウレタン素材になっており低反発性を有している。ちょっと固めな感じだ。

 椅子の座面と接する底面には滑り止めとしてポッチが大量に付いているから滑らず安定している。

座り心地

 フィット感が抜群に良くてドーナツクッションとは違い、変なところが圧迫されて足が痺れやすいと言った事も無い。
 お尻の部分は圧迫されず開放感もあるので、負荷も軽減されている感じ。
 ただ、まだ届いてすぐの状態だから慣れていない分、座り方や位置取りなどは多少の試行錯誤は必要かなと。

おわりに

 取り敢えず痔と言っても痛みが無い内痔核。出血する症状が出ているということは、常日頃からケツが圧迫されて内部が鬱血した状態が続いていたこととなる。その為、お尻の部分が直接座面に触れて圧迫された状態となりにくいようなクッションは必要不可欠となる。
 症状が治まったとしても放っておけばどうせ再発するだろうから、腰痛持ちでもあるし永続して愛用していきたい。

スポンサーリンク