AMD Ryzen 5 シリーズが正式発表! 発売は 2017/04/11 に。

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 昨晩に海外情報で記事を書いた所だが、即日正式に発表があったので改めて記事を書いておく。
 また、今回も発表のタイミングで日本 AMD より資料の提供を頂いたので要点となりそうな部分を掲載していく。

Ryzen 5 シリーズとは

 $300 以下の CPU 市場に革新をもたらす物であり、多くの人が手に取るであろう価格帯を実現している。
 ゲーマーやクリエイターにとって破壊的なコストパフォーマンスを発揮するであろう CPU。それが Ryzen 5 だ。

特長

 Ryzen 5 シリーズは 6 コア 12 スレッドの製品と 4 コア 8 スレッドの製品が存在する。

 6 コア 12 スレッドは 1600X と 1600 の 2 製品。XFR の有無と動作クロック、TDP に差が設けられている。

 4 コア 8 スレッドの製品は 1500X と 1400 となる。ナンバリングにも差があるのが面白い所。こちらの差を付けられている所は XFR の有無と動作クロックである。TDP は両者共に 65W と大きく抑えている。

 そして更にこれら 4 製品全てはチップセットに X370 若しくは B350 を採用したマザーボードに於いて、オーバークロックも可能となるように Unlock 仕様である。
 つまり R7 1700 がオーバークロックで 1800X に近い性能を出したというお話しから察するに 1600 が 1600X を、1400 が 1500X を喰ってしまう可能性も少なからずあるのかも知れない。
 当然、オーバークロックを行うというリスクを自己責任の上で追う必要もあるのでどこを天秤に掛けて落としどころを見つけるか…… という部分もまた自作 PC の楽しみかも知れないから、結果如何に一喜一憂するのも楽しそうだ。

CPU クーラー搭載モデルは 3 製品

 Ryzen 7 シリーズでは 1700 にのみクーラー付属となっていたが、Ryzen 5 シリーズでは 1600 と 1500X に Wraith SPIRE1400 に Wraith STEALTH が付属する。

肝心なお値段とスペック

 軒並み以前より存在したリーク情報よりも $6~10 下げた強気の「良い値段」となっている。冒頭では $300 以下の~ とあったがこうしてみると $250 以下に収まっている。
 既存の Ryzen 7 にみる ZEN アーキテクチャの CPU 性能を見る限り、Ryzen 5 にも大きな期待が持てる。特にコストパフォーマンスの面に於いてはこの上無いだろうと感じる。

 お値段に関しては既に日本国内販売額も出ているので、先日掲載した表の値段は日本国内販売額に変更しておいた。表記は全て税込みとした。
 かなりの人がターゲットになるであろう現実的な値段である。

AMD Ryzen CPUC/T*1L3TDPBaseTurboXFRUnlockedPrice
AMD Ryzen 5 1600X6/1216MB95W3.6GHz4.0GHz4.0GHz+Yes¥33,264
AMD Ryzen 5 16006/1216MB65W3.2GHz3.6GHzN/AYes¥30,024
AMD Ryzen 5 1500X4/88MB65W3.5GHz3.7GHz3.7GHz+Yes¥25,704
AMD Ryzen 5 14004/88MB65W3.2GHz3.4GHzN/AYes¥22,680

おわりに

 今回の発表で全 3 シリーズ中、Ryzen 7 と Ryzen 5 シリーズが出そろう事となった。残る Ryzen 3 は第二四半期中とされているからまだまだ AMD から目が離せない状況となるだろう。
 特に筆者個人としては 6 コア 12 スレッドで税込み 3 万で買えてしまう R5 1600 なんか頑張れば手が届きそうな感じなので、今後でてくる国内メディアのレビューを楽しみに待ちたいと思う。

スポンサーリンク
  1. Cores/Threads []