[PR Review] AUKEY CB-CMD26 / USB 2.0 Type-A to Type-C ケーブル

スポンサーリンク

 この度は AUKEY より CB-CMD26 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は USB Type-A 端子と Type-C 端子を結ぶ充電ケーブルである。データ転送に於いては USB 2.0 規格のスペックを持つので 480Mbps という転送レートに留まる。

製品概要

 同梱内容は 1m 長のケーブル 2 本にマニュアルとなっている。

 今回特に注目したいのは Type-C 側のコネクタ長にある。今まで MicroUSB 端子を主に使用してきたが Type-C となるとコネクタ部分の長い製品が多かった。
 それに対し本製品では Type-C のコネクタは 33mm という MicroUSB 等と殆ど変わらない長さに収まっているので取り扱いが非常に楽になる。

 Type-A と C のそれぞれを接写してみた。色が上手く分かるように撮れなかった感が凄いが、共に内部のピンは金メッキ処理済みとなっている。

性能テスト

 本製品を用いて Xperia XZs の充電を行うことでケーブルの性能を確認する。

 電源としては Quick Charge 対応モバイルバッテリーを用い、本製品で Xperia XZs との接続を行った。合間には USB テスターを挟み込んで電圧と電流を計測する。

 上記写真の状態は Xperia XZs のバッテリー残量が 50% 丁度で充電した状態になる。
 Quick Charge による電圧制御も正常に動作し、およそ 8V の電圧にて 1.4A 前後の出力が得られている。
 本製品はケーブル自体に 56kΩ の抵抗を内蔵しているので最大電流は 3A に制限されている。これにより USB PD というより高電力な給電には非対応とされているが、その分だけケーブルを細く出来るので取り回しが非常に楽。
 尚かつ上記計測通りにスマートフォンに対する給電では電力損失を殆ど確認出来ないのでケーブルの品質としても十分であり気に留める必要もないだろう。

おわりに

 USB Type-C 端子と付くとどうしても端子が長く、ケーブルは太く固くなりがち。MicroUSB ケーブルと比べると取り回しの面で悩む事が増えた。
 本製品であればケーブルの取り回しで悩む事は無いだろう。スマートフォンの充電に於いて問題点は何も無い。
 現状、筆者の中ではベストな USB Type-C ケーブルであると感じている。今後は長さのバリエーションを増やしたセットなんかも出てくれるとありがたいかなと思うところだ。

キャンペーン情報

 AUKEY CB-CMD26 が Amazon.co.jp にて期間限定で 799 円になるキャンペーンが開催されているのでお知らせ。

 キャンペーン期間 : 2017/08/10~2017/08/16
 クーポンコード : ACBCMD26

 会計時に上記クーポンコードを入力して適用することで現在 999 円で販売されている本製品が 799 円で購入可能となる。

スポンサーリンク