Raspberry Pi 3 で動作する CentOS 7 に epel を追加する

スポンサーリンク

 Raspberry Pi 3 に CentOS 7 を入れて使い始めた当初は epel というリポジトリが無かったような気がした*1 が、Raspberry Pi 3 で Python 3 を動かすにはやっぱみんなビルドしてるのかなーとググってたら epel のリポジトリがあるそうで。

cat > /etc/yum.repos.d/epel.repo << EOF
[epel]
name=Epel rebuild for armhfp
baseurl=https://armv7.dev.centos.org/repodir/epel-pass-1/
enabled=1
gpgcheck=0
EOF

 と、こんな感じでリポジトリを追加して

yum install python34 python34-pip

 なんてやってみると一発で python3 が使えるようになった。

python3
Python 3.4.9 (default, Aug 31 2018, 14:33:08) 
[GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-28)] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 

 他にも導入が面倒臭い監視ツールの Munin だとかもあるんで epel を追加する事でまたある程度使用できるパッケージに幅が広がると思う。

スポンサーリンク
  1. 2017 年からあったそうで自分が探し切れていないだけだった…… []

コメント

タイトルとURLをコピーしました