記事読了参考時間 1

無事に子供達の入学式を乗り越えた

スポンサーリンク

 2019/04/05 は横浜市立の小中学校が入学式を迎える日となった。
 我が家では長男が中学校に入学。次男が小学校に入学。6 歳差で子供がいるとこういう事が起きる。

 09:00 に長男を留守番させたまま次男を連れて嫁さんと 3 人で小学校の入学式へ向かった。
 正門前で入学式の看板を前に記念撮影の列に並び、受付開始前に無事撮影完了。
 09:30~11:30 は入学式と副教材の販売やらなにやらでバタバタと消化。

 11:40 頃、近くのセブンイレブンでおにぎりとからあげ棒1 を買い、直ぐにタクシーを捕獲。
 タクシーで一旦自宅に寄って貰い長男を拾ってから嫁さんの実家まで次男を預けに向かう。
 またまたタクシーにはお待ち頂きつつ嫁さんと長男は玄関先でなにやら記念撮影。
 その間、筆者はタクシーの運転手さんと移動経路の相談。道が狭く入り組んでいるので本当に分かりづらいもんで。

 移動再開後の 12:20 頃、高台にある中学校へ到着。
 なかなかに眺望のきく高台なことで。

 これまた正門前で入学式の看板前に撮影の列が。また並んで撮影も受付開始前に完了した。
 ゆっくり飯を喰う暇がないので校内の影に潜んで嫁さんとからあげ棒をむさぼり食った。

 12:30~15:30 まで中学校の入学式もつつがなく完了。
 長男の教室まで様子を見に行きつつ捕獲して帰宅の途に。

 筆者在住の横浜というのは山が多いのでどこへどの様に向かうにしても急坂を乗り越えなければならない。
 数日前まで体調を崩していて体力も激減している状態且つタスクも終盤で体力/気力が削れて居る中、もの凄い傾斜角の坂を登ったり下りたり。
 なんとも情けないヘロヘロな状態で嫁さんの実家まで徒歩で着。

 一休みしてから自宅へ帰宅となった。
 夜はもう爆睡。

 結局の所何が言いたいのかって。
 子供は二人目を考えた場合、年の差が 3 歳若しくは 6 歳となる場合には卒業や入学が被って経済面やスケジュール面で結構苦労する事があるので覚悟が必要に。
 無事終わってしまえば苦労した事もまた良い思い出にはなるが当日は本当にキツかったなと。

 そんなバタバタした 1 日もおわり、これから新しい学生生活を始める子供達にはより大きく育って欲しいなーと思うばかり。

スポンサーリンク
  1. おいしい []
Diary
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました