[PR Review] Monster Rave V1 – 安価で高音質な有線イヤホン

Review
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

 この度は MONSTER より Rave V1 のご提供を頂いたので、レビューをお送りしたい。

Headphones, Speakers, HDMI Cables and Power Solutions from Monster
Monster creates the most consumer-friendly, high-performance headphones, speakers, HDMI cables and power solutions.
 現時点ではオフィシャルページには本製品がエントリーされていない。

スペック

接続タイプ有線
ドライバーユニット10mm
再生周波数帯域20~20kHz
インピーダンス16Ω ±15%
出力音圧104dB ±3dB
マイク全指向, 2.0V, 2.2kΩ, -42dB ±4dB
材質PP+TPE
プラグ3.5mm 4 極金メッキ
コード長120cm

Monster Rave V1 と付属品

 パッケージに関してはエアキャップの付いたビニール袋にサクッと入れられた簡易包装となっていた。

 同梱品は次の通り。

 イヤホン本体

 付属品としてポーチイヤーピース S, L サイズが付属する。M サイズは予め装着されている。

イヤホン外観

 ハウジングは小さくまとめてあり、L, R と刻印に合わせて装着する。

 リモコン。
 音楽の再生、一時停止、受話、終話を行うのに使用出来る。1 回押すだけなので簡単操作だ。

 リモコンの裏面には MONSTER ロゴとマイク穴がある。ロゴに「®」が付いていないところが気になる。

 ピンは 3.5mm 4 極端子になっているので、スマートフォンでの使用も可能となっている。

音質チェック

 Samsung Galaxy S10 との接続を行い、PowerAmp というアプリを用いて音楽を再生、試聴を行った。

 1,000 円を切った非常に安価な製品であるにもかかわらず、音質に関しては非常に良好なチューニングが施された物であると強く感じた。
 どの様なデバイスへ接続を行ってもイコライザーで調整すること無く快適に音を聞くことが出来るだろう。

 敢えてイコライジングするにしても筆者なりの設定だとこうなる。

 殆どいじる必要が無いのだが、62Hz あたりをちょーっと上げると低音にハリが出るし 4kHz 辺りを上げてやるとクリアさが若干増す感じに。

 いわゆるオールラウンドなタイプの音質だと思われる。

おわりに

 TWS 全盛となった昨今、有線接続のメリットである遅延無し、尚且つ音質も確保されていることからメインにも予備としてでも 1 つ持っておくと良いかも知れない。
 バランスの良いチューニングがされている事もあり、面倒なイコライジング無しですぐに使っていけるのも長所だろう。

スポンサーリンク
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました