「今だけ」格安でまぁ使える PC を

この記事は約6分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

先日書いた記事通りですが、ちと今日は疲れているので全てを書ききれない手抜きになってしまいますです。
本来は「サーバー機」として販売されているマシンを Windows マシンとして使うので、多少の自作経験の
知識を要します。その代わり、格安でマシンを一台組むことが出来る。
今回は高くても 4 万円でお釣りが来る構成にしてみようと思う。ただし OS は含まずです。

ベースとなるマシンは HP 社製の ProLiant ML115 になる。歴としたサーバー機であり、Windows 系は
Server 製品以外サポート対象外となる。
標準構成は以下の通り

・CPU – Athlon64 3500+ *
・Mem – DDR2 PC-5300 512MB w/ECC (最大 8GB まで) *
・M/B – MCP55S Pro (PCIe x16, PCIe x8、PCI x2)
・VGA – オンボード 2MB (Matrox 系) *
・HDD – SATA Seagate 社製 80GB
・ODD – CD-ROM x48 *
・LAN – オンボード Gigabit Ethernet
・SOUND – 無し *
・PSU – DELTA 社製 370W
・フォームファクタ – Mini-ATX
・備考 – キーボード & マウス付属

この構成で「*」が末尾に付いているところを換装 or 増設する形を取る。
CPU, ODD は必要に応じて交換で良いかと思う。ただ CD-ROM じゃ寂しいからせめて DVD 読めるようにしたい所。
VGA は別途購入で増設必須。音が必要ならこれも増設必須。
サウンドカードなどを増設する際、PCI カードには注意が必要。一般的に流通している PCI カードでは刺さらない物が多い。
5V 駆動のボードは NG。3.3V 駆動の PCI カードのみをサポートしたマザーボードになっています。

ということで先ず準備するものは「ヘックスローブドライバー T15」という特殊な形をしたドライバーになります。
普通の PC だと + ドライバーで行けるけど、こいつはひと味違うようなのでこいつを先ず購入と。
トルクスドライバー

で、704 円と。近所にホームセンターがあるなら直に買いに行くといいかも。注意点は軸が 80mm 以上の物を選ぶこと。
これは作業をし易くする為。これ以下の長さだと色々と苦労するかもしれない。というかする。

次にベースとなるマシン ML115 を買う。今なら送料無料 13750 円から更に 2000 円引きの 11750 円。
HP ProLiant ML115
一緒にサウンドカードも買うと良いかも。現状、動作するサウンドカードでスタンダードな物はこれ。
Creative SoundBlaster 5.1 VX
同じ店で売ってるのでここで買えば納期は爆速であります (体験済)

ここまでで 704 + 11750 + 1980 = 14434 円。
PC 本体にサウンドを載せただけの状態。

こいつへ更にメモリを追加してやります。512MB じゃ OS だけに喰われてまともに使えない。
このマシンに追加するなら 2GB まで。それ以上はアレコレややこしいことしないと増設する VGA と干渉します。
ぶっちチョイスというか使って動作確認取れているメモリをオススメ。1GB x2 セットのメモリです。
Pulsar DCSSDDR2-2GB-800

これで 5480 円。トータル 19914 円。

ここからは 2 つのケースに別れます。Radeon でいくか GeForce で行くかの二択です。
Case 1 : Radeon
安くて性能もまぁボチボチという物になります。勿論ゲームも行けちゃいます。
ゲームをやらないならこちらをオススメ。
Sapphire HD3450-256MB DDR2

3980 円 (´・ω・)…

Case 2 : GeForce
こっちの方がゲーム向けの構成になるかな。大体の 3D ゲームはカバー出来る。(FPS 系はキツイかも)
WinFast PX8600 GT TDH (HDCP対応モデル)

7880 円

ここまでのトータル
Case 1 : 23894 円
Case 2 : 27794 円

あとは DVD マルチでも載せますかーということで LITEON ドライブを載せる。
LITEON DH-20A4P

3580 円

ここまでのトータル
Case 1 : 27474 円
Case 2 : 31374 円

更に CPU が Athlon64 3500+ じゃ物足りないという人は CPU の換装を。
元がシングルコアなので、デュアルコアへの換装をオススメする。
ぶっちの場合、バランス考えて Athlon64 X2 4800+ にしました。5000+ だと大差ないし、
その上になると高くなる。という理由。
なのでコレ。
Athlon 64 X2 4800+ Box (ADO4800IAA5DO) (Socket AM2)

6780 円

これで構成が以下の様になる

・CPU – Athlon64 3500+ or Athlon64 X2 4800+
・Mem – DDR2 PC6400 2GB (1GBx2 DualChannel)
・M/B – MCP55S Pro (PCIe x16, PCIe x8、PCI x2)
・VGA – Radeon HD3450 or GeForce 8600GT
・HDD – SATA Seagate 社製 80GB
・ODD – LITEON LH-20A4P (DVD SuperMultiDrive)
・LAN – オンボード Gigabit Ethernet
・SOUND – Creative SoundBlaster 5.1 VX
・PSU – DELTA 社製 370W
・フォームファクタ – Mini-ATX
・備考 – キーボード & マウス付属

1 台できあがりです。
トータルコスト
CPU 換装無しの場合
Case 1 : 27474 円
Case 2 : 31374 円

CPU 換装した場合
Case 1 : 34254 円
Case 2 : 38154 円

全て新品。
ぶっちの場合は DVD ドライブにしたけど、元々余っていた物を使ったので 4 万円を切った物になりました。
ML115 が安くなった分、新品で購入しても 4 万円でお釣りが来るというマシンになります。
勿論この構成なんかシカトして ML115 ベースのもちっと良いスペックで組み上げても良いともう。
そんなときはここを参考にしてみて下さい。
hp鯖-ProLiant-ML115(格安Server)

グラボやらメモリやら換装してみたりとか出来るのであればこれ以上ない格安でいいスペック持ったマシンが
出来上がります。
そろそろこの ML115 も在庫が無くなりそうなので、安く 2 台目を~と考えている方いは是非ともオススメ。
ML115 G2 という後継機が既に出ているから在庫処分みたいな値段です。
素でもう一台欲しいなとおもっているぶっちでありました。

スポンサーリンク
Diary
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました