サーバー構築 挫折編

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

とりあえず先に LAMP 環境整えてからコンパイルオプションやらインストール行程を記事にしようと
思って PHP を入れようかと思った。しかし順番的に MySQL が先になるので Source を DL。
コンパイルも無事通ってビルド完了でインストール完了したのだが…


MySQL インストール後のテストスクリプトが転けまくり。
Perl の Module である DBD::mysql が無いという。

# yum install perl-DBD-mysql

なーんてやったら依存パッケージで MySQL が出てきた…
入れたばかりだってーのー orz

で、他の方法を探す。
CPAN から直接ライブラリを落としてきて Source からインスコと。
しかし転ける。
以前は普通に「$ perl ./Makefile.pl」ですんなり行ったんだけどね…
エラー吐きまくり orz

そいじゃ次の手だってことでー

# perl -MCPAN -e shell
cpan> install DBD::mysql

なんてやってみたんだけどこれもエラー吐きまくって終わり。

ビルドに必要なライブラリをロードしきれていない感じのエラーなのだが、必要な物は
全て揃えていたりする。

ここで諦めて 32bit 版の CentOS に入れ直すか、気合いで原因探ってこのまま行くか非常に悩む。
前者を取ればヘタレの逃げ工作。後者を取れば時間はかかるがもっと Linux っちゅー OS に
なじめるだろう…。

構築に時間がかかるだけにマジ悩む。稼働ホストいまヤバイから急がねばならんのだが…

という現状ですた。

スポンサーリンク
Linux/UNIX
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました