GoogleReader が 2013/07/01 でサービス終了。代替として FreshReader を使ってみる。

この記事は約5分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 今まで Google は様々なサービスを提供し、その中からも幾つかは既に終了したサービスも多い。そして次は GoogleReader がサービス終了となる。Google のサービスとしては GMail に次いで毎日使う物だったのでこれは困った。
 何か代替となるサービスは無い物かとあちこち探して見るも、これと言ったサービスも無い。ここは自分のサーバで運用できる RSS リーダーを設置した方が永続的に使えて便利だな~という事で FreshReader なる物を見つけてきた。


 この FreshReader はマルチプラットフォームに対応したサーバプログラムとなる。ただし、このソフトウェア自体は公式ページのアナウウンスにある通り、

フレッシュリーダーの販売は2010年9月末、サポートは2011年9月末をもって終了させていただきます

 という事だ。既に終息した物であることに注意が必要だ。しかし、現状では個人ライセンスが無料で使えることは嬉しい所。

 早速インストールして使ってみる
 先ずは公式サイトからダウンロードをしてくる。今回自分は Linux サーバ上で動作させるので、Linux/FreeBSD 版をダウンロードしてきた。これをサーバ上の任意の DocumentRoot 以下に展開し、マニュアルに書いてある通り作業をした。

 早速のトラブル
 使用環境は Apache 2.2.15 に PHP 5.4。このままだと FreshReader の PHP スクリプトは暗号化されており、展開する為の Extention である ioncube が動作しない。ブラウザでアクセスしてもインストール作業が始まらない。
 解決策として、OS 上で ioncube の Extention をインストールしてやる必要があった。Repository は remi で見つかった。

# yum install php-ioncube-loader.i686

 更に不具合の様な
 ioncube の問題が解決し、ブラウザでアクセスした後に最終的な設定やらと終わらせ、GoogleReader の購読情報を OPML として Export したファイルを FreshReader に Import してやった。
 ここでまた問題が幾つか起きた。先ずは定期的に Feed を取得する為に、Cron で Fetch させていたがこれがエラーを吐く。マニュアル通りの設定だと、Cron のコマンドとして sudo する必要があったが “sudo は tty で叩いてくれ” という様な error。root で visudo して設定を変えるのもしゃくに障るんで “/etc/crontab” に記述する事で対策をした。

*/5 * * * * apache /usr/bin/php -f /PATH/TO/freshreader/crawler.php

 更に今度は登録してある Feed をクリックしても右のフレームにエラーが表示された。Apache のログを確認すると

[Thu Mar 14 17:26:14 2013] [notice] child pid 459 exit signal Segmentation fault (11)

 等となり、その 1 歩手前では別のログで以下のように出ていた。一部書き換えてある。

[Thu Mar 14 17:26:15 2013] [error] [client 192.168.1.3] PHP Fatal error:  Call to a member function hasKey() on a non-object in /PATH/TO/freshreader/lib/addins.php on line 1106, referer: http://example.com/freshreader/feedlist.php?a=fin&t=19&d=1363249507728

 これは偶然解決した事。FreshReader にアクセスし「システム設定」へ進み「購読情報の表示設定」へ進み次の様な設定にする。
0314_fr
 「関連サイトの表示」と「人気サイトの表示」の項を共に「表示しない」方にチェックをする。これで Segmentation Fault は起きなくなった。環境的な問題が大きい所だとは思うけど、同じ現象に悩む人が居て参考になれば幸い。

 取り敢えずここまで
 RSS リーダーのみの使用なので不具合的な問題を解決させた所で実用範囲に入った。システム的に弄るところがあるのは少し嫌なところもあるけど、オンラインサービスが終了して「どうしよう」となる不安もないから安心して使える。脆弱性が見つかるのは怖いので、LAN 内でしか見えない位置に設置してある。無料なのでサポート云々は考えず、自己解決してやっていけるのであれば充分に有りなリーダーだと思う。

安定動作後

2013/03/16 追記
 FreshReader にアクセスしても新着記事が無い。システム設定より「システム実行ログの表示」をしてみると Crawl してるログが途切れていた。取り敢えず /var/log/messages を見てみると…

Mar 16 16:15:01 HOSTNAME kernel: php[5849]: segfault at 8 ip 00bea631 sp bfec3b10 error 4 in ioncube_loader.so[b99000+f1000]

 だそうで、特に何もしていない物だから原因不明。仕方なしに手動更新で行くこととした。

スポンサーリンク
Linux/UNIX
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました