AMD の CPU 3 種で 3DMark を回した結果

この記事は約3分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 新たな 3DMark が公開された。無料版である BASIC EDITION では、DirectX9, 10, 11 とそれぞれの API を用いた Benchmark が続けざまに実行される。個別に実行することは出来ないが、今まで CPU や GPU の Benchmark を行う際には 3DMark06 と 11 に分けてそれぞれのデータを取っていた物を、新しい 3DMark 1 つで事足りるようになる。全てのテストを終えるまでにはやや時間がかかるが、手間がかからないのが個人的には良い所だと思う。


 今回は取り敢えず手持ちのマシン全てに 3DMark をインストールし、実行。その結果のみを載せることとする。

 使用したマシン構成は次の通り。

CPU/APUMemoryGPUOS
PC1AMD FX-8350 OC@4.2GHzDDR3-1866 4GBx2GeForce GTX670 OCWin7 x64
PC2AMD A10-5800K OC@4.2GHzDDR3-1866 4GBx2GeForce GTX560Ti OCWin7 x64
PC3AMD A10-4600MDDR3-1600 4GBx2RadeonHD 7660G (iGPU)Win8 x64

 PC1 はメインで使用しているマシン。PC2 はサブマシン。APU ではあるが、GeForce GTX560Ti を載せた使い方を間違えている様な構成だ。PC3 は Lenovo ThinkPad Edge E535。ノートマシンだ。

 Benchmark 実行結果は次の通り。
 PC1

 PC2

 PC3

 尚、PC3 に関しては FireStrike のテストが実行されずに終わった。
 テキストにまとめると次の様になる。

ICE STORM
ScoreGraphicsPhysics
PC111411120984743944
PC28065712697435427
PC3444606150122572
CLOUD GATE
ScoreGraphicsPhysics
PC118807464456101
PC210197287133131
PC3409867661722
FIRE STRIKE
ScoreGraphicsPhysicsCombined
PC15762651981602493
PC23069349045701281
PC3N/AN/AN/AN/A

 Graphics の項は GPU 性能依存。Physics は物理演算なので CPU 能力依存。Combined は CPU/GPU 両方の性能依存となる。純粋に CPU と GPU の性能が上がるほど、全体のスコアも上昇するのは必然。現状は 3DMark のスコアが完全に出そろっている訳でもなさそうなので、いまいちピンと来ない感じではあるので今後の参考にしたい。
 唯一みたメディアの結果だと、i7 3770k 4.0GHz に GTX680 を載せた結果、FireStrike の Score が 6036 となっている物を見かけた。PC1 の FX-8350 + GTX670 で Score 5762 なので単純な Score のみ見ればかなり良い結果を残しているのでは無いだろうか。

 それにしても FireStrike は重い Benchmark だ。30fps を割り込んでくるし、消費電力も最大で 346W 程に達した。

スポンサーリンク
Review
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました