久々のメインマシンお掃除

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 いつも疎かになってしまう PC のお掃除。和室に絨毯を敷いている部屋である事と、布団も上げ下げしているので埃が凄い。表面上の目立った埃はマメに掃除しているけど、ケースの中身は 1~2 ヶ月ほど放置されていた。
 中身を覗いてみたら結構埃が積もっていたので、写真を撮りつつ掃除をした。


 使用しているケースは Corsair の Obsidian 550D だ。このケースは要所にマグネットタイプの防塵フィルターが装着されており、メンテナンス性も抜群に良い。12cm ファンも 6 つ付けているので風の流れも多く、相応の埃を吸い込む。

 ぱっとサイドパネルを開けて「をぅ…」と思う程目立ったのがこちら。

 フロントからの吸気で積もった埃…… ドライブのマウンタは 1 つ外しているのでモロに積もった様だ。フロントファンも見てみるとブレードが真っ白に。

 ボトムからの吸気部はさほど埃は目立たない感じとなっていた。ケースボトムのダストフィルタはフロントとは違い、多少目が細かいタイプな為なのかなと。

 次に電源ユニットの上。こちらにもフロントからの埃が流れてくる。昔ほどでは無いにしろ、電源ユニットも熱を持つのであまり埃を積もらせたくは無い感じ。

 ちらっと見えるカードはサウンドカード。この上にもうっすら白く見える程度に埃がある。

 最後に CPU ファン ENERMAX ETS-T40-TB。12cm ファンのブレードに埃がこびりついている。使用しているファンは ENERMAX の UCTB12P という物。これはブレードを外して水洗い出来る逸品なので外して洗うだけでメンテナンスは非常に楽。フレームはどうにもならないのでウェットティッシュでふきふき。
 CPU ファン自体も一旦マザーから取り外してフィンの間にも貯まっていた埃をシャワーで流した。乾かす為に一旦ファンを取り付け、ケース外にて 30~40 分程動かして乾かした。

 掃除自体は最初に掃除機で大雑把に埃を吸いまくる。次にウェットティッシュでふきふき。ブレードを外せない通常のファンは 1 枚ずつマメにウェットティッシュで汚れを取っていくのだが、非常にこれが怠い。
 こう見ていくとファンの掃除が一番怠いので、ブレードを外せる UCTB12 系で統一しちゃえば幸せになれそうだなと思った。

 ともあれ埃が多い部屋の PC はマメに掃除をしてやる必要があるので、メンテナンス性の高いケースやパーツを使えば多少楽が出来るので購入段階から掃除の事も念頭に置いておくと良いかもしれない。

スポンサーリンク
Diary
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました