Windows8 から 8.1 へとアップデートした後に残るファイルを消す

この記事は約1分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 昨晩 Win8.1 のアップデートファイルが配信されていたので躊躇わずアップデートを行った。無事に 8.1 となったが、その時の残骸が結構残っており容量も大きい為にクリーンアップを行った。


 先ず目に付く残骸がこれ。
1018_clean1_windowsOld
 3.87GB もある。これは消えて欲しい。

 そこで C ドライブのプロパティーを出して「ディスクのクリーンアップ」をクリックする。
1018_clean2_property

 次に出てくるウィンドウで「システム ファイルのクリーン アップ(S)」をクリックして少し待つ。
1018_clean3_systemFileClean

 すると「以前の Windows のインストール」と言う項目が出てくるので、チェックを入れる。他にもクリーンアップを行いたい項目があれば説明を良く読みチェックすると良い。
1018_clean4_checked

 以上で完了。

スポンサーリンク
Windows
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました