AMD の新 APU Kaveri は 2014/01/14 正式発表に

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 次期 APU である Kaveri は CumputeUnit に Steamroller を用い、iGPU は GCN Core (Graphics Core Next) を採用する。Trinity と Richland では大きな差異は無く、共に ComputeUnit は Piledriver を採用していたので Kaveri になると IPC の向上がどの程度にまでなるのかは非常に楽しみだ。

 iGPU も GCN になることで、より GPU による汎用的な演算が可能となり HSA の普及をになってくれるハズ。プロセッサ単体での演算性能は Kaveri 最上位モデルで 856GFlops になるとされている。Richland 最上位 A10-6800K では 779GFlops だったので、+78GFlops の向上となる。
 Kaveri 最上位モデルは A10-7850K とのメディア報道があった。CPU 3.7GHz、iGPU 720MHz と言う予定だそうで、TDP は 95W。Richland と比べると随分と動作クロックが落ちたなと言う印象を受ける。コア次第だけど OC はどこまで伸びるかで、APU 単体性能の伸びが楽しめるかどうかと言う所だ。

 情報源 参考リンク
 マイナビ 【レポート】AMD APU13レポート – AMD、”Kaveri”ことA10-7850Kの概略を発表
 PC Watch イベントレポート AMD、856GFLOPSのAPU「Kaveri」を2014年1月より投入

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました