AMD 次期 APU コード名 Carrizo が発表されたり

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 各種メディアで取り上げられている AMD の次期 APU Carrizo。IPC 向上や噂レベルでは HBM を用いるとか、HSA 対応の完成形になるとか期待の大きい APU である。
 CPU コアは Excavator、iGPU は GCN で更に South Bridge も統合した SoC になる。

 性能面はもっと詳細が出てからクローズアップして見ていきたいが、その前にこの読み方はなんと読めば良いのだろうかと気になって色々記事を読んでみたりした。
 先に Excavator。これは「エキスカベーター」で良いはず。訳すと「掘削機」とかパワーショベルの重機類。予てより CPU コアのネーミングには Steamroller や Piledriver と重機の名前があてられている。
 で、Carrizo。英語圏では「カリーソ」だったりするけど、各種メディアを読んでいると「カリッツォ」だったり「カリーゾ」だったりした。要は伝われば何でも良いような気もするけど「ASUS をなんと読むか」って昔良くあった話しに同じなのかな~。

 Carrizo に関する参考記事
AMD,次世代APU「Carrizo」の概要を公表。ExcavatorコアとGCNコア,サウスブリッジ機能を統合したSoCに – 4Gamer.net
AMD、新x86コア“Excavator”採用のモバイルAPU「Carrizo」 – PC Watch
ただいま現地リポート作成中:AMD、新世代APU「Carrizo」発表 – ITmedia PC USER
米AMD、次世代APU「Carrizo」を発表 – 搭載製品は2015年前半に登場 | マイナビニュース

スポンサーリンク