WP 2.8.1 へアップデート完了

スポンサーリンク

遊ぶ前にやることやっちまおうとアレコレして、最後にこの作業と。
アップデート来たら管理画面で最新版出てますみたいにアラートが出っぱなしになるから
さくさくっとやっとかないとね。
今回は個人的な環境の問題も解決させておいた。


作業はいつも通りの手順。

1. 日本オフィシャルから tar.gz 形式をダウンロード
2. DB と public_html 以下のバックアップ
3. wp-config.php を 1 階層上に一時待避
4. 「*.php」と「wp-{admin,include}」を削除
5. tar 玉を展開して中身を丸ごと public_html にコピー
6. wp-config.php を元に戻す

一部アップしたファイルなんかはファイルオーナーが Apache に持って行かれているので
su してバックアップを取った。
作業は全てサーバー上のみで完結。これが楽。
所有権が Apache になってるファイルって FTP でやってる人はどうしてんだろうと偶に思う。

あとは個人的な環境の問題を解消させたわけだが、過去に書いた記事が原因で起こっていた。
WP 自体が持っているキャッシュ機能を有効化させていた訳だが、こいつがだめだった。
確かにクエリーの数が減っているのだが、管理画面でスパム消しても数値が消す前と変わらず。
プラグインに関してもそう。アップデートしてるのにアップデート数が変わらずとかね。
(参考 WordPress の高速化)
これ直して解決した。
WP は高性能な方のサーバーに移設してあるからクエリー多くても大差ないだろう…きっと…

というお話しでした。

スポンサーリンク