rsync で自動バックアップ

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

これは必要性があるのだが今までやっていなかったこと。
遊びでさくっと書いて crontab へ登録。定時バックアップ。

ToDo
– Host1 で ssh のパス無し PrivateKey 作成
– Host2 へ Host1 で作成した PublicKey を転送
– Host2 で “cat sshkey.pub >> authorized_keys” する
これやっとかんと Cron が回らないので注意。

Source : Host 1 Home Directory
Destination : Host 2 /var/bak

#!/bin/sh
#
# rsync home directory backup script for bucci.
# 2007.04.12
#
LANG=C
rsync=/usr/bin/rsync
rsync_opt='-az --delete --stats -e ssh'
sendmail=/usr/sbin/sendmail
from='root'
rcpt='root'
host=host2
sPath=/home/bucci/
dPath=/var/bak/bucci
${sendmail} -oi -t <<EOC
X-Spam-Info: This is system mail.
From: ${from}
To: ${rcpt}
Subject: [Host1] backup report for bucci.
`date`
`${rsync} ${rsync_opt} ${sPath} ${host}:${dPath}`
Status Code : $?
--
rsync backup report script v0.1.
EOC

sendmail コマンドにヒアドキュメントでメッセージ流し込むのってアリなのかな?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました