Canon MG6230 にエコリカ再生カードリッジを装着

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 ちょっと前にプリンタのカードリッジを「純正か再生カードリッジか」で悩んでいたけど、シアンだけ切れたので安い方のエコリカ再生カードリッジを選んでみた。
 今までは純正インクカードリッジに ELECOM の詰め替えインクを使用してきたが、詰め替え回数の目安として 5 回との説明書きがあったのだが、とっくにこれを越えている。そろそろカードリッジを新調した方が良いので、今回はインクを購入したという理由もまたあったりする。


 Cacnon MG6230 の場合、純正品とエコリカでは大体 900 円ほど安上がりになる。エコリカのカードリッジを使用後はまた ELECOM の詰め替えインクを使用していけば、トータルで結構安上がりになるだろうからインクの質には拘らない方針となる。

 Amazon で購入したので簡易パッケージで届いた。無駄な包装は要らないのでありがたい。
20151018-DSC_0344
 裏には注意書きがあった。説明書も同封されているが、インクカードリッジの取り外し方について書かれている。間違うとインクが垂れたり飛び散る可能性もあるんで、一応目を通しておくと良いだろう。
20151018-DSC_0345
 インク自体は袋へ小分けに入れられた物を更にパッケージングしている。
20151018-DSC_0346
 カードリッジ単体は純正品にエコリカ独自のラベルが貼られている。固定具もオリジナルだろう。
20151018-DSC_0347
 カードリッジにはチップもそのまま付いているので残量表示も問題無く行える。
20151018-DSC_0351
 そしてカードリッジの全交換。シアン以外は残っていたんだけど、カードリッジは同時に変えたいと思っていたから残っている物でも問答無用で破棄することにした。交換する前には念のためヘッドの洗浄も行っておいた。基盤に水が付かないように注意しながらやればそう難しい物でもないが、水に色が付かなくなるまで繰り返し洗浄するのが非常に面倒なだけだった。
20151018-DSC_0361

 尚、シアンだけ無くなったから今回のインク交換となったが、カードリッジを外したところ次の様になっていた。
 どうもインクが漏れていたような雰囲気で…… ELECOM の詰め替えを規定以上に詰め替えてカードリッジを酷使した結果だろうか。次はこうならないように気を付けたい。
20151018-DSC_0356

スポンサーリンク