AVANTEK AD300-2 超音波式加湿器のレビュー

本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

 この度 Amazon に出店している Claybox Limited より AVANTEK AD300-2 超音波式加湿器の提供を頂いたのでレビューをお送りする。

AVANTEK AD300-2 の特長

20160130-DSC_0001
 AVANTEK AD300-2 はサイズが直系 170mm、高さ 145mm とこの手の製品では大きめのサイズ。貯めておける水の量が最大 300ml にもなるのが最大の特徴だと思う。他社製品ではタンク容量が 100~200ml であるため、マメな注水が必要であるから一度満タンまで水を入れておけばミストが多く出る High Mode でも 6 時間、少なめのミストが出る Low Mode なら 10 時間も連続稼働が可能となる。ここから逆算すると、High では 50ml/H、Low は 30ml/H で水が消費される事になる。

付属品

 給水カップ (150ml)、24V, 0.65A AC アダプタ、取扱説明書が付属する。本体に 300ml まで給水可能なのだから、給水カップは同容量であった方が良いのではと思う。
20160130-DSC_0003

主な機能

 フロントにある 3 つのスイッチで操作が行える。
 Light ボタンは 3 つ内蔵されている LED ライトを点灯させる。LED ライトは 7 色に変化するが、任意の色の時にもう一度押すと固定出来る。
 High/Low ボタンはミストの噴出量を切り替える。
 MIST ボタンでは 60/120/180min のタイマー及び常時運転の動作を選択可能。ON のままでも水が無くなると自動で停止してくれるので安心。
20160130-DSC_0015

使い方

20160130-DSC_0012
 注水する前に先ずはアダプタを底面に接続した方が水が零れる心配も減る。次に適当に注水を行い、蓋をして MIST ボタンを押せば良い。至極簡単だ。
 また、あくまで自己責任な使い方だが、タンクにアルミホイルを入れる事で除菌効果を狙ってみたりもした。よくある排水溝にアルミホイルを入れて置いてヌメリ防止みたいな物だ。
20160130-DSC_0020

 Low Mode のミストの出方は細い感じに噴出した。
20160130-DSC_0024

 High Mode では結構勢いよくミストが出てくるので手早く加湿する事が出来るし、少し部屋を空けた後に戻ってくると湿度が上がっていることを体感出来た。
20160130-DSC_0025

注意事項

 取扱説明書にも「5~6 回使用もしくは 3~5 日使用毎に製品を清掃してください」と記載がある通り、面倒くさがらずに常に清潔に保つ必要がある。
 超音波式加湿器は水を直接ミスト化するので、内部が汚れていればその汚れも一緒にミストになるから鼻や口からそのまま吸い込む事になる。そのまま使用を続けていると健康を害する恐れがあるので要注意である。
 また、テレビやスピーカーなどの近くでは使わないように注意書きもある。これは水に含まれるカルキやミネラル分が付着し、白くなってしまうからなのでこれも合わせて注意が必要だ。

 こう言った注意事項をしっかりと明記している点は非常に好印象である。絶対に記載しておくべき事項だからだ。

おわりに

 High Mode の 50ml/H というパワーで手っ取り早く短時間に加湿出来る事、タンクが 300ml もあるので長時間連続運転が可能、注意すべき事がしっかりと明記している等々と超音波式加湿器を使用する上で、製品に対する好感度もさることながら機能的にも安心して加湿できる物だと思われる。
 本体サイズも安定感ある大きさだから、不意に転倒させると言ったこともさほど起こりづらいかなと思う。

スポンサーリンク