MSI N460GTX Cyclone 1G OC を購入したその後

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

2010/10/16 に 20,018 円で購入したこのグラフィックカード。
GTS250 以来の良いグラボが出たなぁって思ったから買ってしまった。
流石に最近のゲーム (Tower of AION) だとカクついたり重かったりで、グラフィック性能が
追いついて居ない感じも否めないという状況だった。
どのくらい改善するかなってわくわくしたものだ…


Amazon で購入して翌日には到着。お急ぎ便使ったからなんだけどね (笑

ブツが届いた
パッケージ
昔のグラボと違って箱から豪華ぽい雰囲気。

あけてみるとご丁寧にあらまぁ~と。
箱開けたところ

そんでもって本体を取り出す。
本体!!
しっかりと端子にカバーが付いているのがすごく好印象。
DVI コネクタや、HDMI 端子にもちゃんとキャップが付いていて安心でありますです。

こいつのスペックは Core 725MHz、Memory 1,800MHz という感じ。メモリチップは 4Gbps で駆動するチップなんで、
2,000MHz で駆動させても普通に行けそうなきがする。DDR 動作で丁度 4,000MHz なるからね(´・ω・)
コアに関しては、リファレンスボードだと、675MHz なので 50MHz ほど OC されている物ですね。
GPU FAN もオリジナルファンを搭載しており、リファレンス比で 17% 位は静かになっているような事が書いてある。
しかしぶっちはそんな FAN の音が静かだうるさいだーとかはどうでもいいので、気にしない。
冷えるかどうかってのは重要だけど、これは問題ないですねぇ。

で、これ初日からいきなり OC かまして安定動作したもんだからコア 800MHz、メモリ 1,900MHz で動かしています。
使ったソフトは MSI オリジナルの AfterBurner ですわな。これがまたシンプルで使いやすいソフト。

いろいろとベンチマーク取ってみたんだけど、GTS250 比では確実に速くなっている。
3DMark06 くらいしかまともな比較ができないんだけども、おおよそスコアが 2,000 ちょいオーバーした 18,756 と。

ベンチマークもやれば結構負荷かかるんで、GPU 温度とかが気になった。
どんなに頑張らせても室温 27 度程の室内でも 60 度を超える事は無かった。よく冷えるわな。

現状、GeForce 使いならこのカードはめちゃオススメ。
しかし最近は Radeon が良い路線で攻めてきているので 6850/6870 あたりと 2 択になるかなと。

2010/10/29 16:55 最安値は Amazon で

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました