FILCO Majestouch シリーズのキートップだけ買ってみた!!

この記事は約2分で読めます。
本記事は最終更新日より 1 年以上経過しております。
スポンサーリンク

Happy Hacking Keyboard Lite2 を長年愛用してきたが、だいぶ前に壊れた。
スペアにと、全く同じ物を用意してあったんだけど、メカニカルキーも試してみたいなと。

そこで購入したのが FILCO Majestouch Tenkeyless の “茶軸” なやつ。




“茶軸” ってなによ!? って思うところ何だけど、”黒軸” と “茶軸” と “青軸” 等がある。
これはキーのスイッチを押下した時の特性がそれぞれ違うので、キータッチの感覚が異なってくる。
黒軸は重め。茶軸は普通だろうか。青軸は軽いタッチ。こんな感じだと思う。

自分は無難に茶軸でさくさく打鍵している。耐久性は良さそうな雰囲気なので、仕事は勿論
ゲームでも実用に耐えうる代物だと思いますです。
(打鍵音あるから職場持ち込みは注意かもしれないが…)

で、今回は指向を変えてアクセントを入れてみたいな~と、交換用のキートップだけを購入しました。

それがこちら。
Majestouch 用 ASDW blue keycap set
これと
Majestouch 用 赤キーキャップセット の 2 つ。

キーキャップ 2 種類

んでこれがキートップ交換前で普通の状態。

before

そして blue keycap と ESC だけ赤キャップにしてみた感じがこうなった。

After

全体としてみてもアクセントが付いて(・∀・)イイ!!
しかし、わざわざキーなんて見てないからどうしたものかと。はい。ただの自己満足です。
だがそれが良い…

Overall

スポンサーリンク
PC
著者プロフィール
ぶっち

本格的に PC へ触れ始めてたのは 1990 年位から。
興味は PC 全般。OS は Windows と Linux などを嗜む。
プログラマやネットワークエンジニアを経てフリーに活動している 2 児の父なアラフォーのおじさんです。

ぶっちをフォローする
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
ぶっちろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました