[PR Review] SoundPEATS Q12 / AptX 対応 Bluetooth ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク

 この度、SoundPEATS より SoundPEATS Q12 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。
 本製品は AptX 対応 Bluetooth ワイヤレスイヤホンである。ハウジング同士がマグネットで吸着するのでネックレスの用に身につけておくことが可能。
 ハウジング形状は円筒形、ケーブルはフラットタイプを採用している。マルチポイントペアリングにも対応しており、音質もイコライジング不要でクリア且つ筆者好みの良い音を出力してくれる。
 装着感/機能/音質の全てに於いて文句の付けようがないイヤホンであると感じた。

 2016/11/26 新たに新ロットのご提供も頂いたので画像の追加及び追記をおこなった。


技適マーク表示有り 技適番号 208-160064

パッケージ

 初期ロットのパッケージ


 新ロットのパッケージでは若干のデザイン変更及び、技適マークの表示が正しい物へと修正された。

パッケージ内容及び付属品

 SoundPEATS らしくキャリングポーチが付属。充電用 MicroUSB ケーブルも同梱されている。
20160603-DSC_0004
 パッケージ内容はサイズ違いのイヤーフックとイヤーキャップ L サイズと S サイズが 2 種類ずつ入っている。ケーブルアンカーとクリップも併用すれば、フラットケーブルが身体に触れることで発するタッチノイズも抑えられるだろう。
20160603-DSC_0005
 尚、新ロットでは付属品への大きな変更は無い。
20161126-dsc_0118

スペック

  • Bluetooth Ver. : 4.1
  • Bluetooth プロファイル : HFP 1.6, HSP 1.2, AVRCP 1.4, A2DP 1.2
  • 対応コーデック : AptX
  • 最大通信距離 : 10m
  • 入力電源 : DC 5V/80mA
  • 動作時間 : 6 時間
  • 充電時間 : 1~2 時間
  • サイズ : 590 x 25 x 32 (mm)
  • 重量 : 15.0g

SoundPEATS Q12 の外観

 新ロットでは技適マークの表示がタグ付けされた。使用上の問題はこれで何も無くなった。
20161126-dsc_0120

使い方

ペアリング

 使用するスマートフォンとのペアリングは、本製品が電源 OFF の状態にてリモコンの真ん中の▶を「Pairing」とガイダンスが流れるまで長押しを行う。この時、リモコンの LED が赤と青に点滅する。あとはスマートフォンから Bluetooth 機器の検索を行って Q12 と表示される物と接続を行えば良い。
Screenshot_2016-06-03-04-28-55
 マルチポイントペアリングにも対応しているので、2 台目のデバイスとのペアリングを行う場合には 1 台目との接続を一旦切ってから本製品の電源を OFF にし、▶を長押ししてペアリングモードにして 1 台目と同様に 2 台目のデバイスともペアリングを行えば良い。

リモコンの操作方法

 全てはリモコンにある 3 つのボタンで行う。

機能操作
電源 ON▶を 3 秒長押し
電源 OFF▶を 4 秒長押し
再生/一時停止▶を押す
ボリューム +/ー+/ー を押す
選曲+/ー を長押しで前後を選曲
電話に出る着信中に▶を押す
電話を切る通話中に▶を押す
着信拒否着信中に▶を長押し
リダイアル発信▶をダブルクリックで最後に通話した番号へ発信する
通話のミュート/再開通話中に + と ー を同時に押す

装着感

 ハウジング本体にイヤーフックを取り付け、イヤーキャップを取り付けた構造なので、この両方がフィット感に関わってくる。
 筆者はフックもキャップも標準で付いている M サイズが丁度良いのでそのまま用いたが、耳の穴にキツさを感じる事無く、かと言って低音が抜けてしまうような緩さも感じずジャストフィットしてくれた。
 円筒形をしたハウジングのイヤホンを筆者は最も好むタイプである事も相まってなんら不満点は無し。
 未使用時にはマグネット吸着によってネックレスタイプにも出来るが、マグネットの磁力は少し弱いかも知れないという印象はある。

音質

 Sony Xperia Z2 にてプリインのミュージックアプリを用い、DreamTheater Greatest Hit: & 21 Other Pretty Cool Songs よりハードなプログレッシブロックから静かなバラードまで数曲チョイスして試聴を行った。

 重低音域がほんの少しだけ強調されている程度ではあるが、全体的に充分な明瞭度を持っているのでバスドラムやベースの音の立ち上がりがタイトではっきりと聞こえて心地よい。中音域にかけては厚みがある感じになっているので、ギターやボーカルも聞きやすく篭もって聞こえることも無い。高音域はドラムのハイハットやライドの音までが耳に突き刺さること無く自然な鳴りで居てくれた。
 筆者個人としてはフラットに近い音が好きなので、SoundPEATS Q12 の音が今までに触れた Bluetooth イヤホンの中では最も好きな音であると感じている。他社製品でいえば最近までなら本製品と外観もそっくりな TT-BH07 を最も好んでいたのだが、それを越えた感じであると言う印象である。

おわりに

 SoundPEATS のシリーズも数多くなってきたが、現状で Q12 はハウジング形状や装着感、音質と総合的に見てマイベストな Bluetooth イヤホンであると言える。客観的に見ても恐らくこの価格帯の中であればかなり高い評価が得られるだろうと思う。
 そんな訳でこれと言った不満点は無しとさせて頂く。

追記

2016/06/04 02:25

  • 音質チェックに用いたデバイスと音源に関しての記載を追記した。
  • 説明書通りに操作方法を表にした。

2016/10/20 2:00

 パッケージ背面には技適マークのマーク部分のみが印刷されている。横に番号表示が無い為、厳密には表示不足として技適マークの意味を成さないので注意が必要かもしれない。

2016/11/23 1:37

 ふと今現在はどうなっているのかと商品ページを見たところ、リモコン裏面に技適マークの正しい表示が印刷されているようだ。よって何の問題も無い 2~3,000 円台の Bluetooth ワイヤレスイヤホンの中では個人的に最高の物になったのかなと思う。

2017/11/20 11:15

 Q12 よりも低音や全体的な音質、装着感の良いこちら Q30 もかなりオススメ。

[PR Review] SoundPEATS Q30 / APTX 対応 Bluetooth ワイヤレスイヤホン
BuCCi's Recommended  この度 SoundPEATS より Q30 のご提供を頂いたのでレビューをお送りする。  本製品...


スポンサーリンク